最新戦法の事情【豪華版】(2019年4~5月・振り飛車編)

どうも、あらきっぺです。

以前、Twitterでも申し述べたように、今回は4月と5月の合併版です。

タイトルに記載されている通り、振り飛車の将棋を見ていきましょう。なお、前回の内容は、こちらからどうぞ。

なお、当記事の注意事項については、こちらをご覧くださいませ。


最新戦法の事情 振り飛車編
(2019.3/1~4/30)


調査対象局は88局。ちなみに3月は62局で、4月は26局です。4月で対局数がガタ落ちしているのは、順位戦が無く、そもそも母数が少ないという背景があります。

それでは、戦型ごとに見て行きましょう。


----------------------------------------

◆先手中飛車◆


25局出現。3月に17局。4月に8局。出現率は約28%と抜きん出た数字を叩き出しており、現環境では最も信頼度の高い振り飛車と言えます。


ただ、前回にも触れたように中飛車側は左美濃に手を焼いています。これを打ち破ることが中飛車側の最優先事項と言えますね。(第1図)


2019.3.8 第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選 ▲橋本崇載八段VS△深浦康市九段戦から抜粋。

ここまでは類例も含めて前例が多くある局面です。前回にも述べたように、基本的に居飛車は

▲5五歩型の場合→△7三銀型
▲5六歩型の場合→△7三桂型

という公式に則って駒組みを展開します。

これを踏まえると、中飛車側はまだ▲5五歩を突きたくないことが分かります。そこで橋本八段は、▲6六歩と指しました。(第2図)


このタイミングで▲6六歩と突くのは珍しいのですが、これは△7三桂型を警戒した意味があります。

つまり、ここで△7三桂なら▲6七銀△6四歩▲7八金と備えておけば後手からの仕掛けはありません。▲5七銀型ではないので△6五歩を突かれないことが大きいですね。


なので、第2図から深浦九段は△3四歩でさらに様子を見ましたが、そこで▲5五歩を突いたのが上手い呼吸でした。(第3図)

この続きをみるには

この続き:10,273文字/画像40枚

最新戦法の事情【豪華版】(2019年4~5月・振り飛車編)

あらきっぺ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今後ともよろしくです!

(o^∀^o)
6

あらきっぺ

コメント2件

いつも参考にさせて頂いております。
ゴキ中の菅井木村連戦の変化について、45銀に替えて77銀53銀66銀54銀から先手が3筋から動く将棋(昨年のB1木村菅井など)の評価は現在どうなっているのでしょうか。
私見では後手が勝ちにくいように思うのですが…
たむ様

いつもご覧いただきありがとうございます。

さて。ご質問の件ですが、結論から申し述べると「互角の範疇に収まる」という見解です。

まず大前提として、この戦型で後手は戦いが起こる前に[美濃+△4二銀・△3二金型]の構えを作ることが理想です。
ゆえに、先手はそれを阻止するために(類型も含めて)早めに▲4五銀や▲7七銀→▲6六銀といった手段で足早に動くケースが殆どです。

それを踏まえると、件の将棋は後手が理想形を作ってから戦いが起こっているので、ゴキゲン目線では怖さがありません。
ただ、先手も一気に攻め潰そうという意図ではなく、ゆっくり押さえ込みを狙う指し方なので特に不満はないと見ている節があります。

それらを総括すると、互いに自分のやりたい構想を実現している進行なので、不満が無い=「互角の範疇に収まる」ということですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。