僕が旅をするときの、6つのルール

前回は僕が意識している旅のコツについて書いた。せっかく旅をしているなら楽しもう、という話。

今回は僕の旅のスタイルというか、マイルールみたいなものを書こうと思う。

前提として知っていてほしいのは、僕は人見知りで、食事にあんまり興味がなくて、裕福な旅ができるほどの収入はなくて、スマホ依存症で、広い世界を見るために旅をするということ。



①行き先は、見たいもので決める

SNSや雑誌で見た景色に、憧れた経験は誰にでもあるだろう。こんな美しい湖が世界にはあるのか、こんな変わった民族もいるんだな、といった具合に。


僕が旅に出たいと思うのは、いつだってそういう「本物をこの目で見たい」と思ったものに会いに行くとき。まあ、絶景が見たいとか動物が見たいとか、よくある理由だ。別に旅慣れたからといってミーハーじゃなくなるわけじゃない。

だから、見たいものがある場所を旅先に決める。

まあ、帰ってきたときには、現地の人や他の旅人との出会いとか、思いがけないハプニングとか、出発前に予想していなかったものばっかりが思い出になってるものだけども。


②荷物は最小限に抑える

旅に移動はつきもの。しかも僕は移動が大好きだから、周りと比べて移動が頻繁にある。でも移動するごとに重い荷物を持って歩くのが、本当に嫌い。力持ちでもないし、単純に疲れるから。

大学5年のときにヨーロッパでバックパックを盗まれてから、ずっと25Lぐらいのリュックサックで旅をしている。どんなに詰め込んでも、せいぜい7,8kgにしかならない。

そのラクさを知ってからは、いつどこに行くにしても無理やりこの量に荷物を収めるようになった。

カメラは持たず、写真はすべてiPhoneで撮影する。写真にそこまでこだわりのない僕には、スマホのカメラのクオリティで十分。星空は撮れないけど、近くにいる人にデータをもらえばそれでしっかりと大切な思い出になる。

必ず持っていくものは、PC。海外でも仕事をする僕にとって、仕事道具は必須だ。スマホ依存症なこともあって、SIMカードかWi-Fiも必須。

Wi-FiはいつもグローバルWi-Fiを使っている。



③ご飯にお金はかけない(かからない)

そもそもご飯に興味がないから、豪華なお店には行かない。有名なお店に並んだりすることもない。もちろん食べるものは美味しい方がいいけど、食べられるレベルならあんまり気にしない。元々好き嫌いが多くて食べられないものが多いから、海外の料理には全く期待していないのもある。

あと、なぜか旅中はお腹があまり空かなくて、1日1食しか食べないこともあったり。食事は僕にとってめちゃくちゃ優先度が低いってことを旅では強く感じる。

ちなみにコーラはめちゃくちゃ飲む。旅をしながら飲むコーラは、格別。


④移動しまくる

僕はとにかく移動が好き。移動すればするほど、行った先々で新しいものを見れるから。同じ町にずっと滞在すれば、人々の暮らしの深い部分が見れたりすることもあるだろうけど、表面だけでもたくさんのものを目にすることの方が僕にとっては大切。

あまりにも移動が多すぎたり長くなると、辛くなることもある。そんなときは、高城剛さんの「アイデアは移動距離に比例する」という言葉を思い出せば、ポジティブな気持ちで移動できる。優秀なビジネスマンは、旅をしている人が多いんだ。

散歩も好きで、何も見どころのない町でもよくふらふらと歩く。歩くこと自体が好きなのもあるし、町を歩いている中で新しい気づきや発見、思いがけない出会いがあったりするから。


⑤発信を意識する

旅中は頻繁にSNSで見たものや考えたことを発信する。

これは、旅の魅力(リアル)を伝えたいと思ったからというのが始まり。今もそれはあるけれど、最近は自身のブランディングやフォロワーとのコミュニケーションの意味合いの方が強い気がしている。

帰国後に友だちに会ったときに「そういえばこないだタイに行ってたね」とか、「ストーリーしてたあの建物、めちゃくちゃ綺麗だった!」なんて風に、僕の投稿が見てくれた人との会話のタネになって、そこからコミュニケーションが生まれるのは素敵なことだと思う。

ちなみにSNSはよく投稿するけど、日記は全く書かない。自分が文章を書くのが好きじゃなかったことが大きな原因かな。

でも最近noteを始めてからは、旅先で書く文章って、どんなものになるんだろうなんて思ったりしているから、挑戦してみたい。


⑥何があっても落ち込まない。常に楽しむ

これは、前回のnoteに書いた通り。
旅の最中にどんなに悲しいことや辛いことがあっても、決して落ち込まずに立ち止まらずに笑いに変えられるように努力する。

以上の6つが、僕が旅をするときに意識していること。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

毎週土日に定期更新しています。だいたいは旅の話や、旅の価値観についてが多いです。たまーに働いている会社のことやキャリアについても書きます。たまのたまーに、全く関係ない好きなものの話もします。

スキな国は、フィリピンです。
7

arashitabi

1993年和歌山県和歌山市生まれ。今はTABIPPOという、旅行系のベンチャー企業で働いています。社会人3年目。旅について書くことが多いです。ちなみにあんまりエモい文章ではないです。

旅と自分

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。