ゴール設定が不適切だと、迷子になる

自分はよく行動すると熱中してしまい、「あれ?何やってたんだっけ?」となることが多々ある。

するともう一度スタートから考える羽目になったり、同じとこをグルグル考えたりすることがある。

はっきりいって、無駄な努力。

そこで、「目的を忘れずに、理にかなった行動を取り続ける」ための方法論として、以下の3つの注意点をメモとして書き残しておこう。

1.ゴールをはき違えない。
これが一番大事。目標の設定を間違えていたら、いくら努力してもそれは水の泡。
特によく起こるミスとして「目標設定のレイヤーが違う」ということ。

例えば会社で上司が新入社員に『3年後のありたい自分を考える。』というお題を与えたとする。
これに対して新入社員は『3年後のありたい自分を明確にしよう!』と考え、動き出す。
だが、この目標設定では意味がない。

上司の意図としては『成長するために、まず目標を掲げて。』という意味である。
つまり、目的は『成長プランを考えて』、
もっというと、『成長するための具体的な行動まで考えて』ということになる。
なので新入社員の目標は『目標を踏まえた成長プランと具体的アクションを作る』という設定になるほうが良い。

ここの捉え方が違うと後に説明するフローにも大きく影響を与えてしまうので要注意。


2.ゴールは具体的に
これは前回のエントリでも書いたが、「目的は少しでも内容がかわると、手段は大きく変わるので、曖昧な部分があるとやることが決まらない」ということだ。
特に「何のために」「誰のために」「どの範囲で」「いつの時点で」が変わるだけで手段は大きく変わるので注意。


3.ルートを考える。
目的が適切に、明確に決まったら「達成までのルート(シナリオ、流れ、フロー)」を考える。

このフェーズが意味するのは「ルートを考える=達成への必要事項を洗い出す」ということだ。
ここが曖昧だと、いざ動き出してから「そういやあれが足りない」「あれ今何やってたっけ?」「次なにやろう?」など無駄な作業や時間が増えてしまう。

達成までのルートは目的によって大きく変わるので、ここでは定義づけはできないが、意識することはMECE(もれなく、たぶりなく)だろう。
論理的に達成までのフローが説明できれば、あとは行動に移すだけだ。




ここまでが「目的を忘れずに、理にかなった行動を取り続ける」ための方法論だが、
簡単に言うと「目標までの道で迷子にならないように、『コンパス』と『地図』は持ちましょう」ということだ。

来週からこれを意識して自分に落とし込んでいこ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

27

Shogo Arai

新卒当時のオレに見せたいブログ

社会人4年目になって、「新卒の時からアレしとけばよかったな・・」と思うことが色々あります。ただ、当時はそんな余裕がなかった・・・。先輩方ごめんなさい。今ちょっとずつ皆さまが言ってくださってたことの意味がわかり始めました。そんな自戒も含めて「社会人の基礎力」を書いていきます。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。