街田青々

好きだって気づかされてる八月が終わった後の季節の中で
固定されたノート

いて座って名前の後にいつも書く

君からの電話の後に夏になる

ほとんどが夏でできてるスイカバー

セブンティーンアイスの棒が捨てれない

小雨のち晴れの夜道で見るホタル

ガン見した後にもっかいガン見した

リップ塗るときにそらした目が好きだ

さしあたり愛はマジックアワー的

WiFiのテロであなたの声迷子

寒いねとひとりごとだけ白い息

料理をするのは好きだ。料理は気分転換になる。料理をしていると仕事を忘れることができる。味付けが思い通りになると嬉しいし、自分って天才なのかもなんて思ったりもする。好きな音楽をかけながら洗い物をするのも好きだ。理想とは程遠い生活をしながら、ふとそんなことを考えて悲しくなっている。

口に出す言葉全部が風だった

エモいってうまく説明できないね

コーラよりコーラゼロより水素水

右肩の日焼けの跡が夢花火

さようなら平成最後夏牡丹