見出し画像

永遠の伝説バンドが呼んだ台風

今日、9月8日はあの伝説ロックバンド「東京事変」のデビュー日であるわけだが、そんな日に彼らは台風を呼んできた。

そう、まさに『群青日和』の歌詞のように。

新宿は豪雨
あなた 何処へやら
今日が青く冷えていく東京


まるで彼らの記念すべき日を天気が日本が祝うように、空は泣きスポットライトの雷が落ちる。

台風なんて無論好きではないが、今日ばかりはもっと雨よ降れと、勤務中の新宿のビルから外を眺めてしまった。




詞、曲、楽器、そして圧倒的な声とスター性を全て最高レベルで兼ね揃えたこのバンドを超える者は、二度と現れることはないのではないのだろうか。まさに伝説という言葉以外ふさわしい文字列が私には思いつかない。



「泣きたい気持ちは 連なって冬に
雨を齎している」と云うと
疑わぬあなた
「嘘だって好くて
沢山の矛盾が丁度善い」と

少し難い日本語がこんなにも魅力的に聴こえるのは、まさに椎名林檎の世界観の渦に巻き込まれた証であり、そこはもうすでに時遅し、一生の沼である。

来年2020、東京五輪に再結成するのか否かと騒がれているが、私は是非とも彼らの姿を目にしたいと望む。ぎりぎり見ることのできなかった私たち、そして伝説を知らぬ若い世代を一夜だけ、東京事変という世界に陥れてほしい。




伝説バンド・東京事変
彼らの結成を新宿の豪雨の中祝う






群青日和/東京事変

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私の脳内日記にお付き合いいただきありがとうございます。サポートしていただいた分は、今日がちょっと幸せになるような何かに使いたいと思います。

4
毎日を意味なく消費しないために。 私の脳内日記です。 写真は全て自分で撮影したものを使用しています。 もしよければフォローお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。