中川 学(瑞泉寺)

今でも目を閉じれば、校庭や講堂、油挽きの教室や校舎に囲まれたプール、そして自彊室などまぶたの裏に浮かびます。立誠校が閉校した後も校舎が文化的な拠点であり続けたことは木屋町に住むものとして頼もしく思っていました。これから木屋町も京都もどんどん変わっていくのだろうけど、誠を立てるこころを受け継いでいこうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

立誠小学校「おもいでのよせがき」

元・立誠小学校では、小学校跡地活用プロジェクトとして、立誠・文化のまちプロジェクト〜立誠・文化のまち運営委員会を組織し、芸術・文化発信の場として活動を続けて参りましたが、ここで現校舎の改修と新たな施設誕生に向け、一旦活動を休止することになりました。 新施設は、旧校舎を耐震化...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。