見出し画像

ゆずぽんず

大切な家族の一員である『ゆずぽんず

ネット里親募集で出会った茶トラの4姉妹。
福島のとある場所に生まれて間もなく捨てられていたそうです。

保護してくださった方から、うち2匹を引き受けるとき「活発な仔ワンテンポ遅れる仔の組合わせで相性良いと思いますよ(笑)」と言われたのを覚えています。

僕がワンテンポ遅れると噂の仔に『ぽんず』と名付けたら、妻が活発な仔に『ゆず』と名付けたもんで、二人揃って『ゆずぽんず

あれから10年と4ヶ月が過ぎました。

十年一昔と言うように、新しい家族『ゆずぽんず』が来てからも、本当に色々なコトがありました。

楽しいコト、辛いコト、悲しいコト、辛いコト、悲しいコト…
そう、人生では辛いコト、悲しいコトの方が多いのです。少なくとも僕にとっては…

それでも『ゆずぽんず』がいてくれたから乗り越えられたコトは、非常に多かったと思います。
いまでも助けられているコトが沢山あります。

昨年9月8日に腎不全で『ゆず』が天国へ行ったとき、翌日に葬儀屋さんに来てもらってウチの庭で御葬式を行いました。

そして部屋に戻ると玄関に『ぽんず』が大人しく座っていて、本当に漫画みたいに大きな涙が一粒…

それを見た僕と妻は、ぽんずと3人でエンジンを組むように輪になって号泣しました。

でも、そんな話しは誰も信じてくれません。
今となっては、僕と妻とぽんずの3人だけの秘密なのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Thank you for supporting Arikita!

ありがとうございます!
10

ありきたかんしゃ

数年前まで行列店と呼ばれるラーメン店を経営するも、体を壊してしまい閉店。 現在は妻とネコと一緒に、儚くも後悔のない人生を送りたいと奮闘葛藤の日々。 一部上場企業勤務⇨プロボクサー⇨ラーメン修行⇨ベンチャー企業勤務⇨ラーメン店経営(8年間)⇨期間従業員⇨現在ドロップアウト中…

ドロップアウト生活

2019年8月.社会保険労務士試験の一週間前に勉強し過ぎて 、うつ病発症。見事なまでに失速からの不合格…そして仕事もリタイア。そんな僕のしがない忘備録的書き綴りを余すことなく公開しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。