【乳製品/卵/小麦/白い砂糖不使用】無農薬ブルーベリーのクランブルケーキ

こんにちは、世界初お菓子テックカンパニーCEOの柴田アリサです。

わたし、クランブルがのった焼き菓子た大好きです。クランブルとは、そぼろ状の生地のことです。

▼こんの上にのってるツブツブのことです。


普通は、バターと小麦粉、白いお砂糖で作ります。とっても甘くてカリッとジューシーです。

どうにか植物性で作れないかな?ということで、色々と実験をしてみたところ、どうやら米粉と豆乳、菜種油でうまくいきそうだぞ ということがわかったので、クランブルがのったブルーベリーのパウンドケーキを焼いてみました。

グルテンフリー植物性クランブルのレシピ
・米粉 14g
・アーモンドプードル 12g
・片栗粉 5g
・甜菜糖 12g
・菜種油 8g
・豆乳 8g

米粉とアーモンドプードル、片栗粉と甜菜糖を混ぜ合わせます。
菜種油を加えて、揉み込むように混ぜます。
豆乳を少しづつ加えます。スケッパーでカットするように混ぜます。

粉っぽさがなくなり、そぼろ状になったら完成です。あとは、お好みのパウンド生地などの上に飾り付けてオーブンへ!



思ったよりもクランブルな見た目。味もGOOD!
ケーキ部分の作り方は長くなるので割愛しますが、材料はこんな感じ。

【乳製品/卵/小麦/白い砂糖不使用】無農薬ブルーベリーのクランブルケーキの材料

米粉(北海道砂川市産減農薬ゆめぴりか) 
アーモンドパウダー(有機) 
豆乳(有機)
菜種油(低音圧搾) 
片栗粉(北海道産) 
メープルシロップ 
甜菜糖(北海道産) 
ブルーベリー(無農薬) 
チアシードパウダー(有機) 
アルミニウムフリーベーキングパウダー 自然塩

※(有機)と書いてあるのは、有機栽培で育てられた原料を使ったオーガニックな材料です。

米粉特有のもっちりボソボソ感はなく、しっとりふわふわなパウンドケーキになりました。
豆乳は、大豆固形分が9%のものを使用しています。
米粉のお菓子は、アミロースという、お米特有の成分がポイントです。お米の種類によって違う値なので、お米ごとのアミロース値をしっかりと把握することで、美味しくふわふわに作ることができます。今回は、ゆめぴりかを使用しました。味も良いです。


ちなみに、こちらのお菓子は、issueのクラファンのリターンにあるので、きになる人はのぞいてみてください。

レシピもそのうち公開します。

社会を考えるお菓子屋さん issue のクラウドファンディングページ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、レシピ開発のためのお菓子の材料や、医学科学関連の文献を購入するのに役立てます!

スキ、ありがとうございます。食べ物のどんなところに興味がありますか?
26

柴田アリサ

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。