320ドル円_1時間

アルマン丼のチャート分析解説【トレンドラインについて】

FXのチャート分析において、トレンドラインは欠かせないツールです。
多くの成功しているトレーダーは、チャートを開いてから一番最初に様々な時間軸のチャートに対して、トレンドラインを引いて現在のトレンドを把握することを徹底しています。

最もシンプルにも関わらず、奥が深いのがトレンドラインです。
正確に引く事で、トレンドのみならず、抵抗値や【短期】【長期】のトレンド転換ポイントや、兆候を見抜く事が出来ます。

ただ【高値】【安値】を結ぶトレンドラインは、ただの抵抗値となり、実践のトレードではほとんど役に立たないただのチャート上の飾りとなってしまう可能性が高いです。
このnoteでは、そんなトレンドラインの引き方の秘訣をお伝えします。

・トレンドラインの引き方の間違い例

次のチャートは上記でもお伝えした通りただ値動きに合わせて【高値】【安値】の抵抗値を引いたドル円のトレンドラインです。(1時間足で表示)

これではトレードするにあたって何の役にも立ちません。

・一般的なトレンド線の引き方

次に一般的なトレンド線の引き方です。トレンド線を引く為に簡単なルールがあります。

★上昇トレンドラインは【安値】同士を結ぶ
下図をご覧ください。

赤丸の部分が上昇中の目立った【安値】です。
上昇トレンドなので安値同士を結ぶと短期の抵抗値となります。

★下落トレンドラインは【高値】同士を結ぶ。

赤丸の部分が下落中の目立った戻り【高値】です。
下落トレンドなので高値同士を結ぶ短期の抵抗値となります。

次の項目からはこのnoteの最も重要な項目に入ります。

~秘訣~
ここからトレンドラインの秘訣を2つお伝えさせていただきます。

・トレンド線の本当の引き方

上記でお伝えさせていただいたトレンド線との決定的な違いは
【転換するかどうか】です。
【転換】と【抵抗】の違いはそのトレンドラインで【上昇→下落】【下落→上昇】とトレンド転換するかどうか?です。

現在のトレンドを知る事の他、トレンド線はチャートの先読みが出来ない事には本来の力を発揮しません。

★トレンド
★抵抗値
★転換ポイント

この3つをもって初めて意味を成し、チャートの先読みが出来るようになります。

・トレンド転換線の引き方

最初にお伝えした安値同士、高値同士を結ぶ線ではなく、
トレンド転換線はチャートの【安値と高値】【高値と安値】を結ぶ線です
下図をご覧ください。

先程の画像と同一のチャートで転換線を引いてみました。
チャート上の【高値】と【安値】を結んだ赤丸の部分がそれにあたります。

下落の転換線ルールは高値から安値を結ぶという事です。
上昇中の初押し値や、下落中の戻り高値などを結ぶイメージです。
上図は下落の転換線となります。
右肩下がりの線という認識で大丈夫です。

こちらは上昇の転換線です。
赤丸の部分がそれにあたります。
上昇のトレンド転換線ルールは安値から高値を結ぶという事です。
上昇中の初押し値や下落中の戻り高値などを結ぶイメージです。
上図は上昇の転換線となります。
右肩上がりの線という認識で大丈夫です。

・転換線とトレンド線の活用方法

転換線とトレンド線の引き方を上記で説明をしましたので、転換線とトレンド線の活用方法について説明をしていきます。

まず前回お伝えしたトレンド線を引きます。
これは上昇局面での転換線を引きました。
そのままラインが決まれば次の高値から平行に同じラインを複製します。

すると上昇局面が続く限り同じラインの押し目買いが有効になります。
下落転換線であれば同じ要領で戻り売りの目安とする事が出来ます。

更に平行に等間隔にラインを引くと
様々な予測が立ちます。
上図では
①レンジ幅の予測
②戻りの目安になったラインで上値が抑えられている事でトレンド転換の予兆
簡単ではありますが、まずこのような事が予測できます。
更に上昇と下落のラインを等間隔に引くと

このように自分の手でアルゴリズムを作成する事も可能になります。
このアルゴリズムから波形のリズムを読み解く事が出来ます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

アルマン丼

ドル円・日経トレーダー/時々BTC/トレード歴15年/専業歴5年/資産100万スタート/退場回数2回👎/総資産1億超えで専業スタート🤩/現在資産2億行ったり来たり/キャバクラ総投資5000万超え⤴️見返り少々⤵️/人生に失敗がないと人生を失敗する🤭
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。