2018年度「IoTとFabと福祉」参加団体を募集します!

2017年、一般財団法人たんぽぽの家が主宰し、各地でスタートした障害福祉×現代技術 (特にIoTとFab)の実験的な取り組み「IoTとFabと福祉」。

2017年度は、山口県、福岡県、岐阜県、奈良県を舞台に、社会に変革をもたらす技術やそのツールを用いて、障害のある人の個性を生かす新たなしごとづくりを考え、はたらきやすく・心地よい環境をつくるため、これからの“福祉と技術の関係づくり”を進めてきました。

2018年度は、これまでの実施してきた地域に加え、新たに2地域で活動に取り組みたいと思います。そこで、IoTとFabなどの技術を福祉の現場に生かしていく本事業への参加団体を募集します。

ご関心のある、福祉関係者、ご関心のある、福祉関係者、Fabスペース、大学や学校、技術者やデザイナーのみなさんからのご応募をお待ちしています!

参考URL   IoTとFabと福祉 ホームページ
参考ブック 2017年度プロジェクトブック

募集要項

■応募方法:
「IoTとFabと福祉2018 参加団体 応募用紙」をダウンロードし、ご記入の上、メール/郵送/ファックス、いずれかの方法でご応募ください。

■応募〆切:
2018年9月20日(木)

■応募結果:
2018年9月中に実施団体を決定し、ウェブサイトにて発表させていただきます。

■活動期間:
2018年10月~2019年3月31日

■活動経費:
本事業に関わる経費については、事務局と相談の上、事務局にて一部準備をさせていただきます。

■応募先・お問い合わせ:

「IoTとFabと福祉 事務局」宛て
〒630-8044 奈良県奈良市六条西 3-25-4 一般財団法人たんぽぽの家 内
電話番号 0742-43-7055 ファックス番号 0742-49-5501
メールアドレス goodjob@popo.or.jp

■助成:


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

goodjob

IoTとFabと福祉

これからの福祉と技術の関係を、考え、つくっていく「IoTとFabと福祉」。このマガジンは、プロジェクトの記録、Tips、イベントなどの情報を紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。