見出し画像

深夜の美術展 vol.15 出展者紹介

開催概要

15回目となる深夜の美術展を開催しました。ご来場いただき、ありがとうございました。

7/26日(金)21:00open〜翌日5:00close
7/27日(土)21:00open〜翌日5:00close
入場料:1,000円(ワンドリンク付き)
会場:くるくる Global Hub(東京都渋谷区渋谷1-13-5 大協渋谷ビル1F)

以下、今回出展・出演して下さった方々を紹介します。次回以降もぜひよろしくお願いします。


川口 晴太郎

東京造形大学2年 絵画専攻概念領域です。主に生物と生物との間に生じる感情の作用について研究し、表現方法を探究しています。よろしくお願いします。


③iyaoka

ミヤオカって読みます。私は私のセンスでぶん殴ります。今日も星の隅で絵を描いています。




風間日咲菜

静岡出身、大学2年生のかざまひさなです。普段はペンや絵の具で猫の絵をメインに描いています。


大鐘ハル

自身の掲げるHRQ RECORDSでは"必要性のある運命"と"貴方の次に愛おしいもの"の2つをテーマにイラストをメインにした作品、商品を提供しています。展示やイベントに今後も参加予定です。


杉本 将己

大学生してます。

自分の中にいる様々なお友達と楽しく暮らしております。
いろいろ作ったり、かいたり、表現して、彼らの存在を少しでも現実化したいといろいろ模索しています。
何を展示するかは当日のお楽しみです。




後藤まどか

毎日、自分自身で感じる実感を大事にして描いています。少しずつ変わっていく日常の風景を、その時々の空気と一緒に絵にしていきます。


星野児胡

不安をテーマにした「不安画」を描いています。深夜の街で不安になってください。



岡本典子

英米文化・文学を学ぶ文系学生です。隙間時間を見つけて自由気ままに絵を描いています。自分にあった画材を開拓中。


戦闘員46号

2Bのシャーペンと練り消しだけでひたすら描いています。お絵描きエンジョイ勢。


ヤマモハンペン

頭の中をそのまま出力するつもりで描いてます。夢の中のような懐かしさと歪さが伝われば幸いです。



桜木理加(さくらぎりか)

海外のアート展示しながら活動中です。物語を感じるような世界観が好きです


藍生 憂人

絵を描き始めて1年が経ちました。油彩が好きです!



mugi

気の向くままに絵を描いたりイラストを描いたりしています。



濱田清美

自称アーティストです。人をモチーフに油彩を描いてます。いろいろと模索中です。



Taito Otani

サウンドデザイナー・オーディオビジュアルパフォーマ・インタラクティブエンジニア。Fulcrumのメンバー。スタジオInariでは主にサウンドを担当。コンピューティングによる音響映像表現に着目し、活動している。



lethe

会社で音楽を作り、家で音楽を作る者です。家では絵も描きます。現実をファンタジーにしたいです。



RTsuki

関東在住の自由絵描き人。
日常の中でどこにでもありそうなものや時間、それに関わる人々の思いを大切にし、それらを自分なりに絵にしていきたいと思います。


meica【7/26(金)22:00〜22:05出演】

自由気ままに踊る人。“深夜の美術展”で、“オトナ”の皆さまとの素敵な“時間”と“空間”と“体験”を。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深夜の美術展

都会の喧騒の中でひっそりと、 深夜にだけ開催する美術展です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。