現在形のヨハネス_イッテン色彩論

現在形のヨハネス・イッテン色彩論

ヨハネス・イッテン色彩論と現代
バウハウスの教師であったヨハネス・イッテンの思考した色彩のロジックである。
それは、現代のTV映像のカラーサークル、また、デジタルデザインには、欠かすことのできない色彩の世界を論じている。
現代のデジタル写真や印刷技術は、所謂、人間の視覚機能を十分に研究し進化した。
そうした画像(映像)技術は、本来「空」であった色彩を、「物質」によって操作可能なものにする技術である。
ヨハネス・イッテンは、「色彩の芸術」の中で、曲げる事の出来ない色彩の法則 (道しるべは )「色の本質は直感的にとらえるしかない事実」 と述べている。
当時の異端的であったヨハネス・イッテンは、バウハウスを追われてしまうが、現代の世界の美術を扱う高等教育機関では、イッテン色彩論を扱わない機関はないといわれる。

学際的に、色は空なるもの、色彩を科学的に扱う多様な色彩理論に対して、この色彩というものは、私たち個人の側にある個々の概念として捉えたい。色彩がものを言うのではなく、色彩の認識は、その地域の文化や感情が大きく左右する。(Redで言えば、共産圏のRedの意味付けと、そして、フェラーリのRed、それは情熱的だ)


(註)ヨハネス・イッテンのカラーサークルとは、12色環状の中心部分の多角形(四角、三角、六角を置く)は、その接点は調和のとれた色構成となる。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
5

artoday - asano chiaki

#film, #photography, #installation, #scripts, & #art #theory,, #pickup of art of interest. アート・デザインへの思いつきのコメント、ランダムな自分の作品とランダムな情報の覚書。

写真というメディアを考える

イメージ・コンテンツを制作する事は、視覚を通過して、人の心に問いかけることが一番のポイントだ。 人の心に問いかける事は、感性の同一性を得るということで、国境、時間という領域を超えて、大きな心の支えになる。それは、忘れ去られて、しまいそうな小さな表象も、人の受け取り方によって...
4つ のマガジンに含まれています

コメント2件

artodyさん今70才の手習いで絵画教室に行き2年過ぎ、いろんな技法を勉強中で
あ~そうかでとても見ていて色の調和取れた色構成の仕方が勉強に成ります
su7zu8me6さま いつもご覧いただき、ありがとうございます、とても励みになります。ヨハネス・イッテンは、著名なデザイン教育のバウハウスというドイツの教育機関の先生でした、しかし、これらのアートに対して本質的な事を強く、提示し、その学校を退職することになります。しかし、現在、世界中の美術系の大学教育で、このイッテン色彩論は、スタンダードに行われています。時代の移り変わりで色々な視点も変わってきますね。私は、稚拙なものですが、今後ともよろしくお願い致しますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。