アンダルシアの犬_02

ルイス・ブニュエル監督 - アンダルシアの犬

アンダルシアの犬( Un Chien Andalou) 制作は1928.5 - ルイス・ブニュエル監督
ルイス・ブニュエル監督による、実験的ショート・フィルムであり、シュルレアリスム映像の代表的な初期作。
「映画の機能を否定した映画といわれる。
目という視覚装置の破壊されるシーンからはじまる。この視点は、ブニュエル監督「銀河」にも展開されている。人の認知機能の80%以上を締める視覚機能と認知される情報とは、何か、と言うことが、そのベースにあるのだろう。
そして、それぞれには、意味のない異様なイメージがカット繋ぎされる。
脚本は、ブニュエルとダリ、そして、プロットが存在しない。

このサイレント映画は、後の多くの映画、映像に、影響を及ぼしたことは確かであろう。例えば、ゴダールの”イメージの本-2018”にもコラージュされている。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
37

artoday - asano chiaki

#film, #photography, #installation, #scripts, & #art #theory,, #pickup of art of interest. アート・デザインへの思いつきのコメント、ランダムな自分の作品とランダムな情報の覚書。

イメージと文化 - 覚書

イメージ・コンテンツを制作する事は、視覚を通過して、人の心に問いかけることが一番のポイントだ。 人の心に問いかける事は、感性の同一性を得るということで、国境、時間という領域を超えて、大きな心の支えになる。それは、忘れ去られて、しまいそうな小さな表象も、人の受け取り方によって...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。