女性向け風俗に行ってみた(レポ)

当日はホテル待ち合わせにしました。だって駅で「初めまして」のご挨拶したばかりなのに一緒にホテル入るの恥ずかしいし!

予約時に相談してお薦め頂いたホテルに一人で向かいます。この辺りでデリヘルやってた時には、たぶんこのホテル無かったなぁ……まぁ、あれから20年近く経ってるし新しいホテルも出来るよねぇ。

早めに着いたので先にホテルに電話してみると空きが無く、空くのは女風を予約している時間から10分過ぎになるとの事……今から他のホテルを探し回って一杯だったら何処も入れなくなってしまうし、プレイ時間が短くなっても仕方がないか。もっと前にホテルを予約しなかった私が悪いのだから。

18:10からで部屋を予約し、駅ビルで時間を潰してからホテル前まで戻ると、18:00ちょうどに非通知で電話が鳴りました。空室が無く18:10にならないと入れない旨を伝えたところ

「わかりました、じゃあ10分ずらしましょう。今どちらですか?ホテルの前にいらっしゃるんですね、そちらに向かいます」

開始時間を変更してくれるなんて!研修中の新人さんがここまで気配り出来るとは。教育が行き届いているなぁと、ちょっと感動……

そして、お薦めされたホテルはすぐ隣がカラオケボックスだったので、『カラオケに行く為の待ち合わせですよ!目的地はホテルじゃないよ!』という体で(笑)カラオケの看板の前で待っていると、長身イケメンがこちらに向かって来るのが見えました。ホテル前で待ち合わせとか如何にもで怪しいので、カラオケボックスが隣にあって心情的には助かりました。

爽やか好青年セラピストさんと初めましてのご挨拶をして、一緒にフロントへ行き、風営法の兼ね合いで私がお金を払います。が、これは恥ずかしい!それこそ若いツバメを連れたマダムじゃないの。フロントのスタッフさんは女風利用だって気付いてるだろうな……これも経験、試練なのですね(泣)

お部屋に入ってカウンセリングシートを使いながら、何処を重点的にマッサージするか、どうして女風を利用しようと思ったのか、今まで性の場面で嫌な思いをした事はないか、などの聞き取りがありました。

「お風呂は熱めがいいですか?ぬるめがいいですか?」

私がシートを記入している間に、お風呂の用意をしてくれます。セラピストさんがお風呂場から戻って来て、記入したものを確認しながら施術内容を相談します。

「ハグしてもいいですか?」

はっ、恥ずかしいのでやめてください……

「じゃあ、流れでそういう雰囲気になったら、しますね(ニッコリ)」

はい、そんな感じでお願いします……

お湯が溜まったのでお風呂場で身体を洗い、湯船に浸かると、温度はかなりぬるめでした。うん、私ぬるめって言ったからね。新人さんだし慣れてないもん、仕方ないよね。ちょっと寒いけど。

用意された紙ブラジャーと紙ショーツを着けて、ホテル備え付けのガウンを羽織り部屋に戻ります。入れ替わりでセラピストさんもシャワーを浴びて下着姿になり、うつ伏せで足先からオイルマッサージの開始です。まだ慣れていない感じはあるものの、丁寧なマッサージで一生懸命さが伝わってきます。段々と上に上がっていき、背中まで来ると

「ブラ外していい?」

と確認の上で紙ブラジャーを外されました。途中から添い寝で密着してフェザータッチの性感マッサージ手技が少しずつ入ってきて、首筋に息が掛かります。私は首が弱いので、(性的な意味の)やる気スイッチが入って声が出てしまいます。

「可愛い声だね」

年下イケメンくんに可愛い可愛いと言われて、何この羞恥プレイとか頭の片隅で考えながらも反応してしまう自分の身体がチョロ過ぎて情けないわー。

「じゃあ仰向けで」

ブラを外した状態なので、上を向いたら乳首が出ちゃうよ!と思ったら、ガウンを掛けてくれたのでセーフ。喉が乾いてないか訊いてくれて、用意してくれていたミネラルウォーターで水分補給しました。細かい気遣いが素晴らしいです。

仰向けはマッサージより性感の割合が高くて、結局ハグされてました。新人くん恐るべし。

終わったら私が先にシャワーを浴びて着替え、交代でセラピストさんがシャワーを浴びている間に今日の感想などをシートに記入します。

一緒にホテルを出て、駅の改札までお見送りしてくれました。彼は私が階段を降りて姿が見えなくなるまで、ずっと改札で微笑んでいました。


私が『そうだ、女風行こう。』と思ったキッカケの、今のお仕事に役立つかどうかですが、とても役に立ちました。それは新人さんだったからこそなのですが、マッサージの時間配分はかなり気を配らないとお客様に不快感や疑問を持たせてしまうな、と。

よくメンズエステのお客様アカウントがツイートで『背面が長かった、いつまで足やってるの、うつ伏せ辛い、仰向け長めがいい、妖怪掌オンリー』等と仰っている気持ちが理解出来ました(笑)ので、新人さんに教える時にはしっかり伝えています。

そして、こちらのお店の新人教育が素晴らしいのか、採用基準が人柄重視なのか、たぶんどちらもなのでしょうが、研修期間の新人セラピストさんだったにも関わらず特に嫌な思いをする事が無かったです。お風呂がぬる過ぎたのと、足のマッサージが長くて、重点的にと頼んだ背中と肩が殆ど無かったのはご愛嬌の範囲内です(笑)。どの業種でも新人さんは一生懸命やってくれるだけで好感度アップなのです。

粘膜接触無しで気持ち良くなれるの?という疑問に対しては『なれます!』と言わせて頂きますが、普段から性器触られる前に乳首だけでイケる私では参考にならないですかね……シャワーの時に確認したら紙ショーツがヌルヌルになってたくらいには感じてました。

気になっている方は1度体験してみたら良いと思います!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

りこ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。