風俗嬢が飛んだ日

私の他にも、様々な事情を抱えて風俗で働かざるを得ない状況に置かれた女の子が沢山いましたが、やはりシングルマザーも多かったです。

子供を実家に預けて東京に出稼ぎに来たというお姉さんは、元モデルでとてもスタイルが良く美人だったのですが、身体が弱くいつも疲れた顔をしていました。子供の将来の為に貯金がしたいと言っていたのに、そのピンサロは当日欠勤すると罰金が課されるので、体調を崩し休んでは罰金で引かれて殆ど残らず、ある日突然姿を消しました。風俗で働く意味を考えさせられました。


夫のDVから逃げてきたシングルマザーもいました。よく昼職でも話題になりますが、子供が熱を出すと保育所から連絡が来て引き取りに行かねばならず、彼女も休みがちでした。

花びら回転(ピンサロでお客様1人に対してキャストが交代で複数名付くシステム)の店だったので、お客様から「さっきのあの子、託児所完備の他の店に移るって」と聞かされ、彼女はそれから何日かして姿を消しました。実はこのお客様、かなりの常連様で、当時その店のNO.1嬢だったキャストさんが辞めるのも知っていました。

「彼女は最初から目標金額があって、それが貯まったら引退すると決めてたんだ。でもNO.1になってしまって、店に辞めると言ったら強く引き止められた。だから、もうすぐ飛ぶよ」

その言葉通り、1ヶ月もしないうちにNO.1嬢のRさんは消えました。

そして私も、他の店に移る事を決めて飛びました。でも店長やスタッフさんはとても良い人達で、店のシステムが納得できなかっただけなのです。

入店時、此処の店長に言われた事は今も覚えています。

「フロアに出たら女優」

「男は抜きたいと思ったら我慢が出来ないから、店に来たいと思った時にお前が居なかったら他の子に指名を変えるかも知れない。だから毎日出勤するんだ」

「ダラダラ働かずに目標を決めろ。目標金額に達したらキッパリ辞めろ。そして、戻ってくるな」

「結婚する男には風俗で働いていた事はバレないようにしろ。客とは絶対に結婚するな。男は弱いから、ちょっとしたキッカケで喧嘩した時に『風俗で働いてたくせに』とか言い出したり、金に困った時に『また風俗で働いてくれ』とか言い出したりするんだ。そうやって泣かされた女の子を沢山見てきた。だから隠し通せ。何も言わずに結婚しろ。隠し事は苦しいかも知れないけど、その方が幸せになれる」


飛んだ後、スタッフさんから「罰金で半分になっちゃいましたけど、最後の給料を取りに来てください」と留守電が入っていました。取りに行くと

「新しい店はゴム付きですか?病気には気を付けてくださいね。身体に気を付けて、お元気で」

優しく送り出してくれたスタッフさんはその後、店長になったそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

りこ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。