【通りすがりのあなた】(読書感想文)

心の底から興味が持てて
その人のこれから先のことも、できればずっと近くで見ていたいと願う相手って、一生涯で知り合う人のうち、何人いるのだろう。

向かい合って喋っているときに、自分が細胞レベルで歓喜するような相手って
一体、何人いるのだろう。

毎日たくさんの人に囲まれて過ごしていても、それほど多くはない。

ほとんどいない。

飲み会の席で、もしもわたしの目が死んでいたならば

「わたしが喋りたいのはこの人じゃない・・・」

と、絶望しているときです。


そんな滅多に出会えない希少価値のある相手なのに

行き違いがあったり、タイミングが合わなかったり

はあちゅうさんの言うような

「既存の関係性に当てはまらない(当てはめられない)」

ことが理由で

通じ合えた(気がした)人と疎遠になってしまうのが、哀しい。

旅をしていなくても、新しく人と出会ったり別れたりすることの多い人生は
旅人のようだと、気付かせてくれる短編集。

どれも好きだけど「世界一周鬼ごっこ」がいちばん好き。
追われる側になりたい。

「通りすがりのあなた はあちゅう著」
http://amzn.to/2fP0Ots

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

佐藤麻子

感想ノート

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。