Q7.SNS集客に(最初)抵抗はありませんでしたか?あとSNS集客で気を付けていること・意識的にやっていることがあれば手の内を晒してくださいな~(質問者:佐藤麻子)

こんにちは!さとちゃんです。

リレー式フリーランス会議も残すところあと3周(週)

わたしからの最後の質問です。

最後だから「自分が語りたいこと」じゃなくて、これを読んでくださっている「フリーランスなりたて」または「フリーランス予備軍」のみなさんが、知りたいんじゃないだろうか?ということをお題にしてみました。

さあ、いってみよー

わたしたち3人とも裏方気質

この前、大阪で前田さんとケイイチさんに会ったときに改めて感じたことなんですけど。

わたしたち3人共、裏方気質なんです。
自分をキラキラさせるより、自分の力で誰かをキラキラさせることに喜びを感じるタイプ。

ケイイチさんなんて、バーベキューのあいだずっと
「飲まず食わず会話にもあまり混ざらず(そんなヒマない)」で働きっぱなしでしたからね。ニコニコして楽しそうでしたけど。

根っからの裏方黒子気質なんだなー
関係ないけどミシュランマンっぽいなーと思いながら、みんなのために働くケイイチさんを眺めていました。

ぽっちゃりした男の人、好きです。
頭のうしろへんにあるジッパーを探したくなる。

前田さんも自ら「ウサギの心臓」と言うくらいのウサたんですからね。
「俺が俺が」の自己顕示欲はまったく感じられない。

それなのに、facebookも結構な頻度で更新しているし、髪の毛切るたびに「ニコリともしない真顔なオレ」の写真をアップしていて、ようやるわ~(※感心してます)と、常々思っておりまして。

SNS集客の効果については、いまさらここで語る必要もないのですっ飛ばして、聞きたいのはマインドの持って行き方。

「ねえねえ、恥ずかしくないの?抵抗ないの?」

これを聞きたい。

あとはテクニック論になっちゃうかもだけど、気を付けてることや意識してることも教えて。


キラキラの正体がわかって抵抗がなくなりました

で、わたしの場合。

前にも書きましたけど、わたしがSNS(主にfacebook)で集客投稿をし始めたのは、去年の7月くらい。
コンサル先生の指示により嫌々やり始めました。

なんで嫌かというと、わたしの美意識に反するからです。
自己顕示欲のカタマリ・・・みたいな投稿が。

嫌いなんです。自己顕示欲の強い人が。
基本、バカにしています。

だから、コンサルを受け始めて、自己顕示欲のカタマリなキラキラ女子たちがfacebookの友達にどんどん増えていったときにも、心からバカにしていました。

「この丹念に作り込まれたプロフィール写真・・・ぜったいにリアルで会ったときに本人を見つけられないだろうな~」

見つけられたけど、やっぱり別人でした。

キラキラ女子のなかにAさんという方がいまして。
彼女のfacebook投稿を見るたびに「うっわー、ようやるわー(呆れ)」と感じていました。

これでもか!これでもか~!の充実した日々を綴るキラキラ投稿。

だから、本人と会ったときに、意地悪心200%で話しかけたんです。

「いつもfacebook見てますよ~!あんなにどアップで顔出しして、自分のプライベート晒して抵抗ないんですか?」

返ってきた答えは想定外のものでした。

・めちゃめちゃ抵抗あります・・・

・だいぶ慣れてきたけど、いまでも死ぬほど抵抗あります

・最初はホントに嫌で嫌で嫌で嫌で、自分の顔も小さく映っているのを出したりしていたんだけれど、それを見た師匠(コンサル先生)に「これじゃ意味ないよね?」とやんわり指摘されちゃって・・・

・たしかになーと思ってジワジワ写真を大きくしていきましたw

・キラキラ投稿すると、昔からの友人たちにはガン無視されますw

・でも、たまにキラキラじゃないフツーの投稿をすると、昔からの友人たちがいいね!を押してくれるので、友達はやめないでいてくれてるんだ~と驚いてます

・嫌だけど、キラキラ投稿すると確実に集客効果があるので、やらない理由がないんです

・キラキラ投稿しなくても集客できるステージに早く行きたい。そうしたらとっととやめる!

・いまだけだ!いまだけだから!と自分に言い聞かせて頑張ってるんです~

わたし「そこまでして集客したいのはなんで?」

・自分のビジネスを成功させたいから!多くの女性を幸せにできるビジネスだと思っているから

・そのためにはわたしが「キラキラ嫌だ」とか言ってる場合じゃないよなーと、自分のお尻を叩いているんです


完敗でした。

小バカにしながら話しかけた自分を心底恥じ入りました。
リアルな彼女は「キラキラ」からは程遠い、内向的な女性。

内向的だけれど、ご自身の過去の経験から「世の中をもっとよくしたい!」という熱い思いがあり、やりたいことを実現させるために、苦手なことにもチャレンジして頑張っている人、でした。

なるほど。

ダサいのはどっちだ。

「あんなふうにはなりたくないわー」

と、キラキラ投稿する人を小バカにして、じゃあ、おまえは集客するために、なにかひとつでも行動したのかよ、キラキラに変わる集客方法を見出したのかよ、と。

キラキラ女子に向けていた批判が、自分に向いたとき、facebook集客投稿への抵抗心がなくなりました。

黒歴史には変わらないのだけれど、「やってよかった」と思える黒歴史なのです。


わたしたちは無所属のタレントのようだ

たとえばわたしがやっている【サイト制作ディレクション】も【ライティング】も、わたしより上手にやれる人はたくさんいるし、ランサーズに頼めばうんと安い。

じゃあ、わざわざわたしを選ぶ理由はなにか。
わたしのウリは一体なんなんだ?

SWOT分析なんて知らなくても「食いっぱぐれるわけにはいかぬ」と日々自分の仕事に向き合っていれば、そこに到達するわけです。

なんでわたしを選んでくれたのだろう?
はて???

自分のウリを洗い出して
自分のウリをより強く、より多くの人に感じてもらえる表現ってどんなものだろう?と考えて
表現する媒体(SNSとかブログとか)を選定し、プロモーションを展開する。

「あなたのここが魅力なのよ!」←セルフで。
「あなたの魅力を最大限に引き出す表現はこれよ!」←セルフで。
「もっとも効果のある媒体はこれよ!」←セルフで。

ひとりで何役こなしているのだろう?
と、ここ1年くらいずっと思いながらやっています。

元SMAPはいいよなー、鬼ほど優秀な飯島さんがいて。
表現者に徹すればいいんだもんなー。

フリーランスのSNS集客に欠かせないものは、自己プロデュース力。

自己プロデュースに必要なのは、

自分のウリを分析する力

冷静な効果測定

次の一手を考える戦略的頭脳

そして「商品である自分」と「プロデュースする自分」を切り離すこと。

フンガー!!

無理じゃね?

こんなのぜんぶ、セルフでやるなんて無理じゃね?

って思いました?

ええ、実はわたしもそう思ってるんです。
フツー無理じゃね?って。

フリーランス向けのプロモーション事務所とかあったらいいのになって。

でも、そんなの見当たらないから、日々試行錯誤しながらセルフでやっています。

だーかーらー

前田さんとケイイチさんの話が聞きたいのです。

ケイイチさんのミシュランマンでマシュマロボディな風貌もあえてなのか???

ケイイチ的集客戦略のひとつなのか?と

とかね。

優秀な彼らだから、わたしのモヤっとした終わらせ方に、キッチリと納得できるアンサーを出してくれるはず。

月曜質問担当者のメリットは、話のオチを丸投げできるところだな。

木曜日が楽しみです。

待て、次号!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21

佐藤麻子

辞めた者たちのリレー式フリーランス会議

企業からドロップアウトした3人がフリーランスについて語ります。イベントプロモーター兼ウェブライター佐藤麻子、コピーライター長嶺圭一郎、アートディレクター前田高志によるのリレー式共同マガジンです。 【毎週 月・木 更新予定!】

コメント2件

いやー、おもしろかったです!!
そして、そうそうそうそう!!と激しくうなづいていました。
うぉっ!コメントありがとうございます。スミマセン、不慣れでいま気付きました!
今日いちにちニヤニヤして過ごせるくらい嬉しいです。
ありがとうございますありがとうございますありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。