見出し画像

A6.プロ意識なんて6歳のときから身に付けてますわー(回答者:佐藤麻子)

前田氏からの質問。

Q6:みなさんのプロ意識を教えてください。(質問者:前田高志)

ふんふん、プロ意識ね。

フリーランスだろうが会社員だろうが、プロ意識なんて備わっていて当然かと。

こちとら6歳から身に付けてますわ。

まーじでー。

子供のころ、母の内職のお手伝いでハンコ押しを頼まれまして。
〇(まる)のハンコを所定の位置に押すだけのお仕事。

はりきって喜々としてやっていたのに5分で解雇宣告。

「ああ、ズレちゃってる。これじゃ納品できないからもうやらなくていいよ、はい、ありがとー」

「え?今度はズレないようにやるから、やらせて!」

「うん、でも時間ないから。これ仕事だから」

仕事の厳しさを知ると同時に、おのれの無能さに大いにショックを受ける6歳児。

6歳のわたしに欠けていたもの。

(1)クライアント(母)が求める完成レベルの確認

(2)求められている成果が出せているかどうかを判断する客観性

(3)成果を出すために、あるいは、クライアントが求めるレベル以上の成果を上げるために、指導を乞う姿勢または創意工夫、たゆまぬ努力


こんなの持ち合わせている6歳児イヤだけど。

わたしの考えるプロに求められるものは(1)~(3)で、6歳で解雇された以降、ずっと持ち続けています!

以上、おしまい。

終わっちゃった。

まだ480文字か。

プロとしてどうなの。

チームに求められるプロ意識

フリーランスになり、チームを組んで仕事をする機会が増えました。

フリーランスまたは企業とペアを組むこともあれば
フリーランスだけのチームで仕事をすることもあり。

今後ますます、こういったパートナー関係で仕事をする人が増えていくのでしょう。

心地良いパートナーシップを結ぶために求められる「プロ意識」は、上に書いた「仕事に対する責任感」とはまた別のもの。

そのことについて語りたい。

フリーランスになってから、仕事で関わらせていただいた方たちを、一瞬の迷いもなく、振り分けることができます。

「また組みたい人」

「二度と組みたくない人」

とてつもなくエラソーなのはわかっちゃいるけど仕方がない。
ここでは嘘偽りなく書くと決めているので。

「また組みたい人」を挙げたほうが、敵を作らないことは百も承知の上で、あえて「二度と組みたくない人」を挙げていく。

そのほうがわかりやすいから。

■二度と組みたくない人(プロ意識の低い人)

・自分の流儀(スタイル)や業界内の常識にとらわれ過ぎていて、臨機応変な対応ができない上に、折衷案や代替案を出せない人

・共に関わる案件で「自分以外のだれかを輝かせるには?」の意識が欠如している人

・チームメンバーへの気遣いができない人
※ゆるいのはいいのだけれど「今日いま、この時間この場面において遅れていったらメンバーの〇〇さんに余計な気を遣わせちゃうかな?」の配慮ができない人

まとめると

自己愛が強すぎて、チームへの愛、チームメンバーへの愛、チームで達成する仕事への愛が欠如している人

こんな感じ。

「チーム」のなかにはクライアントも入ります。

リレー式会議のチームワーク

我がチームはどうなのか。

現在6週目を迎える本連載(リレー式会議)を共同運営する、前田氏とケイイチ氏。

お二方ともプロ意識が高く、おかげさまで今日までノンストレスです。
ノンストレスどころか、2人とのLINEグループでのやり取りが楽しい。
(2人がわたしにストレスを感じていないことを切に祈る)

たとえば、公開日についても。

前田氏からは、

「まあ、ゆる~い感じで、月曜に質問を投げて、木曜に回答者が答えるスタイルでどうっすか?」

という、

「無理のない範囲でええんやで~」な提案だったのですが、

私たち3人、まだ一度もこの締め切りを破っておりません。

それはたぶん
「締め切りを守らないなんてプロとしてダメでしょ!」
というよりも、

「せっかく締め切りを守ってここまで続けてきてるんだから、いまの流れを崩さないほうがいいし、ほかの2人にも悪い」

そう考えているのではないかと、勝手に推測。

わたし、実は先週ヤバくって、
木曜の投稿前日に大阪ホテル泊なのはわかっていたから
珍しく前もって原稿を作成していたんですけど
読み直してみたら
「これ読み手の役に立つのかな?」の自己満感&イマイチ感が気になり出し・・・

この時点で夜の12時過ぎ。

スマホで原稿をイチから作り直し、PCじゃないからいつもの倍以上かかって、完成したのが朝4時。

げ!スマホだとnoteでテキスト作れないってまじかよ!

という事実に直面し(ツメが甘い)
ホテルのパソコンか漫画喫茶でなんとかしよう・・・と心に決めて、一旦就寝。

3時間後に起きて、身支度して、しっかり朝食も食べて、チェックアウトして、熟女パブの看板を撮影して、近くにあった漫画喫茶に入り、無事に投稿完了。

大阪まで行ってなにやってんだ。
行きたいお店もあったのに。

「投稿曜日を変えるわけにはいかぬ」

「自分が納得していない記事をあげる=クオリティを落とすわけにはいかぬ」

たぶん自分のブログだったらここまでしない。

2人の顔が浮かぶから、3人の作品だという意識があるから、キッチリやりたい。

という想い。

そして前田氏についても。

彼は、ほどほどにミーハーな人で、3人のグループLINEにこんなことを書きこんできます。

「◯◯さんが、さとちゃんの投稿に反応してる!!」

「◯◯砲いただきました!」

◯◯には影響力のある人物の名前が入るわけですが「前田さん浮わついてんなー」と、最初のうちはやや呆れていました。

でもだんだんわかってきた。

リレー式をやりたいと言い出した者として、乗っかってきたケイイチさんやわたしに、それ相応のメリットがあればいいなーと考えてくれているのだと。

うん、愛を感じる。

もちろんケイイチさんからも。

パートナーに愛を感じさせる前田さんは、どこをどこからどう切り取っても、間違いなくプロフェッショナルです。

自信を持って!

と、最後まで謎の上から目線。

手相占いによると、わたしめちゃめちゃ仕事運が良いらしいんだけど、仕事運=パートナー運なのかと。

キレイごとでもなんでもなくて、いまクライアントにもパートナーにも恵まれている。

フリーランスになりたての頃、多少なりとも、痛い思いをした甲斐がありました。あのときに学んだ。

今日のこの記事が、プロフェッショナルなパートナーに恵まれていないフリーランスの参考になれば幸いです。

だいじなのは愛。

以上。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

佐藤麻子

茅ヶ崎在住。44歳。イベントプロモーター兼ウェブライターとかディレクションとかいろいろ。猫2匹と海近暮らし。 「さとちゃんの湘南茅ヶ崎ぐらし」 http://ouchigohan.club/

辞めた者たちのリレー式フリーランス会議

企業からドロップアウトした3人がフリーランスについて語ります。イベントプロモーター兼ウェブライター佐藤麻子、コピーライター長嶺圭一郎、アートディレクター前田高志によるのリレー式共同マガジンです。 【毎週 月・木 更新予定!】
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。