あげまんをヤメたら楽になった話

アーティストの妻は、自ら生活費を稼ぎ、家事を行い、夫が心置きなく制作に専念できるような環境を維持する。

そういう決まりがもちろん、あるわけではない。だが、夫の才能を開花させるため献身的に支える、というのはよくある芸術家の妻の像だ。結婚したとき、私はタケPに言った。

「食えない芸術家のために、私が生活費を稼ぐとか、そういうのゴメンやから」

タケPの答えは次のようなものだった。

「君にそんなことさせないよ」

若いとは、

まあなんと、呑気なことだろう。

当時、タケPのお母さんは不動産バブルの恩恵を受けに受けまくって、10万円をこづかいとして普通にくれるほどだった。家も建ててくれた。タケPは前にも書いたけど、就職したことがない。前の結婚でも奥さんが稼いでくれていたし、奥さんの次はお母さんの援助があった。そんなタケPは絵を描く以外のことをしなくても、生きてこれたのだった。

でも、私はそんなのゴメンだわ。そう思っていたのに、気付けばどっぷりと、まるでダメな絵描きの妻の見本のようになっていた。タケPは絵が売れても一切家に入れず、高級な画材を買い、豪華装丁の画集を取り寄せ、豪勢な食事会を催したり、京都のお茶屋に行ったり、スーツをオーダーメイドで誂えたりしていた。

そう言う姿を見て、私は「これが芸のこやしになるんだから別にいいわ」と、思っていた。いや、思うしかなかった。締め付けたところで、いったいなんの利益があろう。そのお金で年金払いなさいよ、電気代ちょうだいよ、私の服くらい買ってくれてもいいじゃない。ううん、違うの、そうじゃない。そんなことのためにお金を使うよりも、自分に投資したほうがいいものが描けるかも知れないじゃない。今は大変だけど、将来きっと何か約に立つはずだし、遊びに行った先で、いい縁故ができるかも知れない。

タケPが画家として有名になったら、もっと、もっと絵が売れるようになったら、そうしたら私の今の苦労なんて、吹き飛んでしまうのよ!そう!私の夢、それは...

あげまんになること。

実際、人から何になりたい?と聞かれれば「あげまん!」と即答していた、5年前までは。あげまんの目標は自分ではなく、相手。相手が大物になることがあげまんであることの証である。けど、当のタケP自身が、そんなこと1ミリも望んでいないことに気付いてしまった。彼はただ、創作者としての自分を全うしたいだけであって、有名になるとか考えておらず、むしろ有名になりたくないくらいだった。

山を登る気のない人に、登山用の靴を履かせ、リュックをしょわせ、それ!それ!と、お尻を押したって、登る訳がない。

「何?なんでこんなことするの?」
「バカね!あんたの前に山があるでしょ、そこを登らせてあげようとしてるんじゃない!」
「いや、ボク、別に登りたくないんだけど」
「何言ってんの、私が登らせてあげたいんじゃない」
「なんで?自分で登ればいいじゃない」

ハイ!ここです!ここ!

つまり、私は自分を勝手にタケPに投影していただけなんですね。自分ができないからって、タケPに私の分までしょわせようとしていたのじゃないかと。私の作り上げた「理想の画家」というのに、タケPを嵌め込もうとしていました。まあ、それで、こりゃアカン、ちょっとセパレートになって自分のことと、タケPのことと、シャム双生児のように融合している部分を切り離さねば。そういうのも離婚のひとつの要因でした。

タケPのため、私は自分の人生を犠牲にして頑張った。なんて言っても、タケPから頼まれたわけでもないのです。私が勝手に思い込んで、勝手に行動して、勝手に結論づけていたんですね、いつも。それで、いつまで経っても私、なかなかあげまんになれんわ〜。って嘆いても、そんなん知らんがな。てなもんです。そういうのに気付きました。

それで、あげまんになる夢をヤメました。そうしたら、タケPもなんだか自由になって、私が横からあれやこれや支えなくても、普通に自分で立ってやるわけですよ。当たり前だけど。ちゃんと自分で稼いで年金払うわけですよ。ご飯も作るし、時々私にも奢ってもくれるんですよ。

よくよく考えてみると、「あなたは私がいないとダメなんだから」と言って、相手を不能にすることで、自分の存在価値を高める手法でね、これ。一見献身的に尽くしているようで、実は相手の力を奪ってたんですね、今思うと。

とは言え、その時タケPが家にお金入れずに、身銭切って自分(だけ)に投資したことは、無駄にはならず、かなりこやしになっていると思うので、そういう意味ではよかったんじゃないかと、思います。って言うか、タイトル見るとまるで私があげまんになったみたいだけど、べつになってません、はい。あげまんになれる方法が書いてある、と思って読んでくれた人がいたかな?ごめんね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。憧れの虫は「カマキリ」です。
145

Yuki

赤裸々エッセイ詰め合わせ

主に家族の話
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

相互依存ってヤツですね。お子さんにしなかったのならOKじゃないでしょうか。
水無川さん、私も思ったんですけど、これ子供にしてる人のほうが多いかも知れませんね。
男性はオタクで女性はファンであるとどこかで聞いたことがあります・・性分かもしれませんねぇ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。