お米を作るよ

農作にたずさわっていると、現代の暦より月の満ち欠けを基本とする旧暦を参考にしたほうが、いろいろとスムーズであることが分かっています。二十四節気七十二候、例えば「ふきの花が咲く」とか「うぐいす鳴く」とか、そういうのです。

自然はカレンダーを見て活動しているわけではありません。農作物もビニールハウスで徹底管理するなら別ですが、普通は自然の一部として栽培しますので、やはり自然の声を聞いたり天気をみたりしながら様子を見て、無理せずに栽培する方法を取っています。

そんな今日は立春。昨日は鬼を追い払って、今日は春の始まり、そして、来週8日はお正月です。年賀状に「新春」と書いたところで、実際には厳寒の季節。春のかけらもありません。でも、今なら本当に春の気分。松竹梅、どれも今なら自然界のものが揃います。14日の七草の日も、野に出れば七種類の草が揃います。四国でビニール栽培された七草ではありません。

そうやって考えると、旧暦で暮らす事の自然なラクチンさ、そして春の悦びが新年とともにやってくる感覚が嬉しく、また、新暦に旧暦の行事を無理矢理嵌め込んで、根拠のない由来(一夜飾りは云々、元旦は掃除をしてはいけない、など)に縛られているのが、奇妙に思えてきます。

さてこの頃、同時にやってくるのが田んぼの準備。周囲の田んぼは、そろそろ土を起こしていたり、にわかにざわざわし始めています。でも、そのために、私にとってまず何が大事か、それはやっぱり、体力作り。冬場のカチンコチンに固まった体を春に向けてほぐし、作業で痛めないようにしておきます。まあ、毎朝40分くらい歩くだけなんですが。でもこれ、すごく大事です。ちょと腰を痛めただけでいろんな農作業が辛くなってしまい、作業の進捗に直結しますから。
そんなことで、ワシワシ歩いて、基礎体力を高める新春とまいりましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

おありがとうございます。
73

Yuki

おなごがひとりで始める小さな田んぼ

自給の中でも難しい稲作を女がやったらどうなるか、と、写真中心に紹介していきます。

コメント11件

先人の自然からの知恵とか、我々はどこかに置き忘れてきてる節がありますね。スマホをしまって空を眺めて過ごしたくなる文章でした。多謝です。
KUKUIさん、人間も宇宙の細胞のひとつだなぁ、って思います♡
まさきさん、ありがとうございます!
fuminosukeさん、おっしゃるとおりで、まさに昔の人が培ってきた感覚がぷっつり途絶えてしまっているのは勿体ないなぁ、と思います。スマホの中だけじゃなく、気をつけて見れば、自然の事象も小さなイベントにあふれていますよね〜。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。