岡田 健太朗

建築設計事務所で店舗や住宅を設計しています。独立準備中です。デザインで人の役に立つことをやります。建築、お店、ホテル、家具、グラフィック、アプリ制作をやります。

内側からの熱でハッピーになる話

一ヶ月ほどnoteの投稿が空いてしまいました。
その間、内側から鍛えてハッピーに向かうようなことをたくさんやってみて、効果があったのでnoteにしてみます。

[大人の自己分析をやってみた話]

個人的に尊敬の念を抱いている
SHOWROOMの前田さんの著書「メモの魔力」を読んでいたら、

巻末に自己分析1000問が掲載されていた。
なので、僕は一週間くらいノートに向かって自問自答を繰り返しまし

もっとみる

06.コンテストに応募した話

先週、ソーシャルデザインの取り組みについてインターネットで情報を集めていて、衝撃的な記事に出会った。
https://www.seino-bizcon.com/

日本全国!地方創生ビジネスプランコンテスト「カンガルー」主催:セイノーホールディングス㈱ 共催:NPO法人ETIC.

『へ〜、こんなのあるんだ〜』
ページをスクロールする。

地方創生をテーマとしたビジネスプランを募集します

もっとみる

05.リアルタイム感を伝える大切さの話

noteを書き始めて、反省したことが多くある。
というか、何かを実行しようとして、伝えることを努力して、失敗して反省したことが多くある。

広告や情報の溢れる社会で、素人で実績の無い人間が発信をしていても基本的にはみんな興味がない。
(もちろん、興味を持ってくださる方もいらっしゃる)
これは言葉にすれば当たり前だが、実行して痛感した。
(僕は素人で実績の無い人間です)

ソーシャルデザイン企画に置

もっとみる

04. その土地らしさの見つけ方と、つくるを考えてきた話

1.d design travelとは
2.その土地らしさとは
3.その土地らしさをつくること
4.つくることを学生の頃から考えてきた話

D&DEPARTMENT PROJECTの埼玉県熊谷市のイベントに参加してきました。
とても有意義な時間だったので、
アプリ制作の連載形式記事の番外編として参加者個人の感想を記事にしたいと思いました。
その土地らしさを見つけることは、まちづくりの土台になると考

もっとみる

03.ロールモデルとしての山口県

この記事の内容
1.山口県ってどんなところ?
2.クラウドファンディングで協力を依頼したい企業様

SNSを通して、
若者の地方離れを緩和したい人と、週末の予定を立てたい人をマッチングすることでまちづくりをエンターテインメントとして多くの人に楽しく行なってもらえる仕組みを考えています。
その仕組みをリリースし始める舞台を、私の地元の山口県から始めたいと考えています。
リリースして、トライアンドエラ

もっとみる