大人も子どももワクワク!asobi基地キャンプは、やりたいことができる場所!

はじめまして、asobi基地キャストのくりちゃんです。

大学生をしながら、子ども向けにイベントを行ったり、親子の場にキャストとして出入りしたり、と子どもにまつわる活動をしています。

そんな私から、asobi基地キャンプの魅力をお伝えします!

役割は決めません!

asobi基地キャンプでは、たくさんの家族が参加します。

でも、それぞれの家族ごとに何かするわけでもなく、それぞれの家族に役割が降られるわけでもありません。

ご飯をつくるひとがいて、子どもと遊ぶ人がいて、火を起こすひとがいて。

みんな「これをしたらどうかな?」と自分たちが過ごしやすいように、キャンプの場をつくっていくのです。

一緒にやりたいことをやる!

キャンプ中には、やりたいことをたくさん思いつきます。

カブトムシを捕まえてみたい、川で遊びたい、夜に探検に行きたい。

そんなときはやってみましょう!

今年(2016年)の夏のキャンプでは、子どもたちからの提案で、朝と夜に探検に行きました。

みんなで行くと、キノコや木の実などを見つけたり、暗い道という少し怖い場所も、楽しく探検したりできました!

ウチの子って、私って意外に……いつもは見えないことに気づく

こんなふうにキャンプをしていくなかで、いつもは見えていないことに気づきます。

「ウチの子って意外に社交性があるんだ」

「私って意外とアウトドア好きなんだ」

いつもとは違う場所で、初めて会った人たちと一緒にいることで、知らなかった一面を発見することができるのも、asobi基地の素敵なところです。

そんなこんなしているうちに、あっという間にキャンプは終わってしまいます。

「キャンプしたことがない、初めての人と一緒だなんてだいじょうぶかな」

そんなことを思っていても、帰るころにはみんな大きな家族のようになっています。

大人も子どもも関係なく、やりたいことを叶えられえる場所。

そんな素敵な時間を一緒に過ごしませんか?

(文/asobi基地キャスト 栗野 紗也華)(撮影/bird and insect Ltd. 林 裕介)

“asobi基地小屋” クラウドファンディングへの参加、ご支援は、こちらから!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

asobi基地

【達成】asobi基地小屋を作ろう【クラウドファンディング】

「asobi基地キャンプ」のホームグラウンド「八木キャンプ場(静岡県川根本町)」近くに、みんなの力で “asobi基地小屋” を建てたい!手作りとなる小屋の、建設資材費、輸送費ほか諸経費調達のため、クラウドファンディングを実施いたします! おかげさまで、達成率116.86...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。