飲茶東洋10冊

仏教の「無我」がわかれば、クソな人生をクソなまま生き抜ける。

生きていくことは思い通りにならないことの連続だし、面倒臭いことばかり。だからといって死ぬ勇気もないので、ウダウダ言いながら生きている私は33歳の僧侶。世界三大宗教のひとつ、仏教を信じている。仏教は、2500年前にインドで生まれたお釈迦様の教え。

この教えで私が一番大事だと思うのが「無我」。この教えは、人生が自分の思い通りにならずに悩む人に効くし、思い通りに生きているけど、そのこと自体に虚無感が拭えない人にも効く。この教えがわかれば、クソな人生をクソなまま生き抜ける。もちろん、クソだと思っていない人にも効く。
※注(クソクソ言う理由と、仏教について、文末に少し補足した)

私はこの教えが「自分の人生の役に立つ!」と強く思えるようになるまでに約10年かかった。僧侶じゃない人間に、そんなじっくりと時間をかけて教えを学んでいる暇はない。そこで、今日はこの教えを最短で理解できる一冊の本を紹介する。読み易くて、ココロオドル、漫画のような一冊。これを読めば、間違いなく仏教の「無我」がわかる。晴れて、クソな人生をクソなまま生き抜ける。人生をクソだと思っていない人の気分も晴れる名著。

自分の人生を捧げて無我夢中になれるモノが何なのか、見究める旅のおともに!是非!お試しを!飲茶「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」

追伸1

先日、椎名林檎さんのニューアルバム発売決定の発表があった。

新作タイトルは『三毒史』。
人の善心を害する三種の煩悩とされる、貪(むさぼり=豚)、瞋(怒り=蛇)、癡(迷妄=鶏)。それら「三毒」を、本作では全 13 曲に編み上げている。(引用:https://sp.universal-music.co.jp/ringo/sandokushi/

稲田ズイキさんのツイートのとおり、三毒は、仏教用語で苦の根源になるトップ3の煩悩のこと。だから彼女の歌詞を理解するためにも、仏教は欠かせない。「三毒史」が発売されるまでに、この本を読み、ニューアルバムをより一層味わうための準備をするのはいかがだろうか。

追伸2

この本は落合陽一さんとも相性抜群。

追伸3

ちょっと前に、箕輪厚介さんの「死ぬこと以外かすり傷」という本を読んだ。彼のようにビックリ人間コンテストで大賞を獲れないような、かすり傷でわりと痛がってしまう人にも、この本はおすすめ。仏教の「無我」は、人生にじっくりと熱狂したい人向け。遠回りして彼の「死ぬこと以外かすり傷」の境地に近づける、最終的にバカになって飛べる。

追伸4

↑コレは私が無我夢中でこの本をおすすめ!したくてケンモチヒデフミさんのインストの上にのせたラップ。詞↓

哀しいかな、こんなラップよりも、古坂大魔王さんの一言や、著者と板垣恵介氏のツーショットの方が100万倍 説得力がある。飲茶先生の本は本当にわかり易い。

追伸5

この我が無いという「無我」の教えを、「我」丸出しで 激オシする私は矛盾しています。去年の夏、ゾゾタウンの前澤友作社長も、世界を平和にする方法を「世の中からお金をなくす」と語り、金持ちのお前が「お金をなくす」とはどんだけ矛盾しとんじゃ。と自ら突っ込まれておりましたが、人生は矛盾に満ちています。

成熟した大人は、みんな、この矛盾を抱えて人生を生き抜いています。「無我」の教えに触れると、その耐性、簡単に答えの出ない問題(矛盾)を抱えたまま生きる力が身につきます。

※注(クソクソ言う理由 と 仏教について)

『「坊さんが、クソクソ言うな!」と思った方へ』
私は芸人ガンバレルーヤのよしこちゃんがTVで「クソがっ!」というのがスカッとするのでとても好きです。私と同じ気持ちの人に仏教を伝える方便としてクソクソ言いました。日常生活で「クソがっ!」といったところで解決できない不満を抱えたまま生きるのに、仏教の「無我」は役立ちます。

「仏教について」
仏教が日本に伝来したのは西暦500年頃、それから約1500年。現在、日本全国に寺院が約7万5千あるといわれております。その数は全国のコンビニ(約6万)よりも多い。私たちは、その中で旅先に由緒あるお寺があればお参りするし、御朱印集めもする。有名な寺社仏閣は、外国人観光客をもてなすのにも一躍を担っています。また、日本の先祖供養では、お葬式で亡くなった人を成仏させるために、仏教を信奉する僧侶の お世話になるお家もたくさんあるでしょう。

このように私たちは日常的に、仏教と関わる機会がチラホラとあります。しかし、有名なお寺や僧侶、お葬式は、あくまで仏教の付属であってメインではありません。仏教の主は、その教え。教えが素晴らしくて2500年の歴史を誇る。それを知らないままなのはもったいない。その大意を簡単に学べる一冊がコレ。

仏教のアレさん
素晴らしい本をご紹介いだだき有難うございました。
私は、仏教のお陰で今日まで、なんとか腐らずに生きております。合掌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

遊民

坊さん / 名古屋 曹流寺 (副)住職 / 永平寺、總持寺 修行 / 元DJ / 趣味ラップ:https://www.youtube.com/user/asobumin
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。