どうしようかなあと頭を抱えている

 しばらくの間、僕はこのnoteを書かずにいた。前回の投稿日を確認すると四月の末だから、三週間ほど何も書いていないことになる。正確に言うと、下書きのようなメモはたくさんあって、ただそれを完成させていないだけなので、まったく何も書いていないというわけじゃないのだけれども、ともかく公開したものはない。
 特に更新の頻度を決めているわけじゃないし、ここは僕が好きにできる場なのだから、別にそれで構わないどころか、むしろそれでいいはずなのに、いっとき頻繁に更新していたら、なんとなく、ああそろそろnoteを書かなきゃとどこか義務感のようなものを覚えた瞬間があったので、これはよくないなと思ったのと、いま抱えている案件のいくつかがあまりにも理不尽で、愚痴ばかりが紛れ込みそうだと感じたこともあって、——実際に下書きのメモを見るとそういうものが多い——、あえて書くことを止めていたようなところがある。
 もちろん、遅れに遅れている各方面への原稿もあるから、まずはそちらを優先しなきゃならないというか、ここで公開しちゃうと、ちょっと待て、そんなところに書いてる場合じゃないだろうというツッコミやお叱りを受けるのも怖いし、あとはやっぱり文学フリーマーケットに出店した余波というか、終わってからの片付けやら残ったものの通販やら電子書籍版の作成やら何やらで、ちょっとキャパがオーバー気味だったこともあるしと、まあ、いろいろな言いわけは並べられるのだけれども、ともかく更新はしていなかったのです。
 近況報告的なことを書くと、ふだん僕は受注されたものだけを書いているのに、どうも最近、だったらこういうものを書きましょうかと自分から口にする場面が何度かあって、といっても積極的にそれを書きたいわけではなく、あくまでも発注してくれた相手に対してぼんやりと提案するような感じだし、やっぱり書くことは嫌いだし、書きたくないし、僕にとって書くという行為は、なぜかそうせざるを得なくなるもの、他に出来ることがないからしかたなくやるものだと今でも思っているのに、それでも、少しだけ僕の中で何かが変化したような気がしている。
 それは文学フリマに参加したことと無関係ではなさそうだ。あそこで頒布した小冊子や文庫に収録した一部の文章は、どこからも依頼がないのに自分から書いたもので、だからきっと、あれに参加したことは、僕にとってとても良いことだったのだろう。
 とても良いことだったものの問題はあって、今回つくった二冊の文庫本はもうほとんど残っておらず、読みたいと言ってくれる人はまだいるのにお渡しできる現物がない。だからといって、印刷代やら在庫を置く場所やらのことを考えると気軽に増刷するわけにもいかず、どうしようかなあと頭を抱えている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

昨日も明日もエブリデイ!
87

浅生鴨

たいていのことは苦手です。

#エッセイ 記事まとめ

noteに投稿されたエッセイをまとめていきます。 photo by 横田裕市( https://note.mu/yokoichi )

コメント1件

文学フリマの文庫本は手に入れたかったです。なんとかなってくれると嬉しいのですが。難しいですね(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。