ASPaC Workshop in 日本デザイナー芸術学院 仙台校

5/25(土)開催!ASPaC国内セミナー&ワークショップ
《 仙台合同イベント:日本デザイナー芸術学院 仙台校にて 》


今年の仙台での合同イベントは、日本デザイナー芸術学院 仙台校をお借りして行いました。

参加校は、同校に加え、東北工業大学、東北電子専門学校から36名が参加しました。本イベントには、各校の先生に加え、仙台のデザイナーが多数メンターとして協力いただき感謝いたします。


サンデザインアソシエイツの竹澤さんによるASPaCの説明会に引き続き、特別セミナーを宮城県大崎市で活動しているブルーファーム(デザインと八百屋の融合で、作る人と食べる人のコミュニケーション環境を楽しく本気で耕す。 

地域の活性化・促進のために、自社販路を持ち、開発から販売・調査までのトータルなマッチングで世界に! 東北域内のプロジェクトでブランドデザインから商品のパッケージデザインまで すべてのデザインを担う)の高橋さんの取り組みについてお話いただきました。

活動自体がイノベーションという非常に興味深いお話で、東北でこのようなブランド創生ビジネスが行なわれていることは学生にとっても励みになるものだと思います。

https://www.bluefarm-d.com/

セミナーの後、JPDAの江藤理事(アドブレーン)の主導で、メンターと一丸になって行ったワークショップは、非常に熱気にあふれたものになりました。

メンター、学生ともに、発想の転換や創造的思考、イノベーションという観点は、これまであまり馴染みのないものだったようですが、難しいテーマに果敢に挑むことで、それぞれが何かしらの収穫を得るものになったと思います。


JPDAの東北プロジェクトを通じて広がったクリエーターのつながりを、このような形でASPaCの学生イベントに生かすことができたことも収穫でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ASPaC広報

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。