ASPaC 国内決勝「アジア決勝進出作品決定!」

11月26日(土)ASPaC 国内決勝審査会を行いました。会場となったのは2017年1月に開催されます優秀作品展示会の会場でもありますDICグラフィックス株式会社様です。日本橋から徒歩3分の場所にあります。日本国内600点の応募から一次審査を通過した338点の作品、その中から最終審査に作品をお送り頂いた皆様の作品が整列する姿は壮観でした。

当日はお二人の審査員がご事情により参加出来ず、6名の審査員による審査が行われました。また、メディアの方も多数ご来場頂きました。

審査会の開始と共にシーンと静まり返る会場。審査員の方々の一点一点を見る目はまさに真剣そのもの。近くでみているスタッフの私もついつい足音を消して歩くほどの緊張感に包まれていました。

上位作品に絞られていく中、いよいよアジア決勝に進出する4作品の選出です。審査員の先生方はそれぞれにご自身が感じる作品の良さを伝え合い、他国に負けない様に日本代表を選出することに熱が込もっていきました。当然ながら作品制作者のお名前も学校名も誰もわかりません。この場でお名前や学校名を唯一知っているのはデータを管理している私だけでした。

審査員の方々の熱い討論の結果、最終4作品が選出されました。残念ながらアジア決勝を控えている状況ですので、ここで4作品の画像をお見せすることは出来ません。日本代表に選ばれた4作品は1月16日の表彰式後にWeb等にてご紹介致しますので、お楽しみに!

私はスタッフとして参加しましたが、準備段階で沢山の梱包された作品を一つ一つ開いていく作業はとても楽しい作業でした。展示の注意書きを書いてくださった方、一言コメントを書いてくださった方、エアーパッキンに包まれた作品に貼られたテープに番号が振ってあり、番号順に開けていくと作品を傷めない様に開けられますと記載してくださった方、一つ一つの作品に制作された学生のみなさんの想いを感じることが出来ました。

最後になりますが参加してくれた学生のみなさん、
ご協力くださいました各学校の先生方、本当に沢山のご応募ありがとうございました。

入賞・入選の皆様、表彰式でお会いしましょう。
その他ご応募くださった皆様、パッケージデザインに興味を持ってくださった皆様、1月17日からの優秀作品展示会に是非遊びに来てください!


審査員の皆様、国内決勝審査会お疲れ様でした!

http://www.dic-global.com/jp/ja/about/establishment/headoffice.html
DIC株式会社(審査会、展示会会場)
(レポート:ASPaC実行委員 加藤雅元)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ASPaC広報

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。