aspico

日々小さなことにわくわくあうあうしながら生きてます。歌がスキ。トイプードル溺愛中。のぞいてくださり、ありがとうございます。

お手入れ

うら若き頃より、化粧品、とくに基礎化粧品と呼ばれるいわゆる洗顔後の肌につけるものは同じものを使ってきた。
とある有名化粧品ブランドのものだ。

まいにちまいにち、夜メイクを落としたあと、化粧水をつけ、乳液をつけ、その上で水分補給のジェルをつけ。乾燥する季節には保湿クリームつけ。
現在の美貌を保てているのも?化粧をするようになってからこのかたウン10年ほど、毎日せっせと行ってきたこの一連のルーティン

もっとみる

傘ひとつ

バスに乗ってから、しとしと降り出した雨ですこし蒸し暑さがひいてきている。
いつものところで降りて、準備していた傘を開いた。
バス停からすこし離れたところに佇む人影。
あとから降りた女の子がわたしの横をすり抜け、走って行って、その傘に入った。

ただいま。
おかえり。
うん、おなかすいた!

女の子は4年生くらいだろうか。
その名前のイニシャルが印象的な塾の指定リュックを背負っている。
21時くらい

もっとみる

眠くなる音

今朝、電車が走る音しが響いてこない車内のどこかから、気持ちよさそうに寝てるんだろうなという軽いイビキの音が聞こえてきて、なんか和んだと書いた。
こっちまで眠くなるような。

わたしにとって、遠くで飛ぶ飛行機の音というのも眠くなる音だ。
中学生のとき、部活の休憩時間だったか体育館でみんなで寝転がっていた。
さんざん走って、疲れて気だるく、熱のこもった身体。髪の毛も汗でしっとり濡れてしまうような暑さに

もっとみる

ただいま、電車内、シーンとしてるなか、どこからかまるで、まるで、日曜日の午後、遅いひるごはんの焼きそばを食べて満足したお父さんが、録画してたテレビを見ていて寝ちゃったときのような、典型的な軽いイビキがほのかに聞こえていて、和んでおります。

紺碧と漆黒のグラデーションの空から

夜が下りてきた

物言わぬ深海のような

夜よ
見えるだろうか
わたしの中の
甘い後悔と懺悔と濡れた翼

どこまでも続くその深い暗闇のなかへ
持ち去っておくれ

連れてきた風で翼を乾かしておくれ

冷たい艶やかな黒い碧で満たしておくれ

目を閉じているから

了解しました

母が携帯電話を持ち始めたのは15年くらい前。

メールの送受信の方法を教えて、用事のメールの時は読んだかどうかわからないから、ひとことなにか返信してみてねと伝えていたら「了解しました」と返信が来るようになった。
当時は四苦八苦しながら、メールを打っていたが、今ではお手のものだ。

昨日も病院へ行くということだったので、行き帰り気をつけてねとメールすると、例のひとこと「了解しました」が返ってきた。

もっとみる