「嘘吐きオオカミ」裏話

企画「嘘吐きオオカミ」http://asearoute.web.fc2.com/usookami/
のキャラクターについて、少しこぼれ話みたいなことを残しておきます。最後の方は選考基準についての補足みたいなこぼれ話を。

―――――――――――――――


▼キャラクター名を決めるとき

英文字にしたときつづりに困らないものがいいなあと思って、そういう名前にしました。

例)有峰仁→arimine jin、大神麗子→oogami reiko、小山瀬名→koyama sena

つ とか し って、 tu tsu si shi で悩むことがあって。
台本に書くのは英文字なので。 01_jin「」みたいに。
※01は話数です。



▼キャラクターの名前について

大神家はもちろん「オオカミ」から。
今考えれば別に大神じゃなくても良かったかな……。
でも、大神家はただのお金持ちな家ではなく、嘘吐きオオカミの世界では黒幕というかラスボスというか。作中で瀬名が説明してくれるので詳しくは完成品を聞いて下さい。笑

あとだいぶ昔からある名前にしたくて、ちょっと古っぽいのがいい、神ってあるといいな、と思って大神に。
麗子って名前の麗は麗しいって意味合いで。長女の清子は清く、次女の貴子は気品があり、そして三女の麗子は麗しく、ということで。
聡子はそのままです。元は別の名家の令嬢ってことで。勝治の名前は特に考えてませんでした。何事にも勝つ、といつ意味で勝つって字があるといいなぁ、と思い、この名前にしました。

一方の小山は、大なんだから小にしよう、と。笑
山は神がいそうなの山っぽいから小山にしよう、なんていう単純な考え方です。小山家はそれこそ昔から、名前もないときから主従関係が続いてきた、という設定です。
なぜ小山家が反逆を起こさなかったかというと、オオカミの力を使ったからなんですね。そうやって芽をついで、大神家は繁栄してきた。もちろん敵でないものには使わないから、世の中はみな大神家に味方するものしかいなくなる。ここから先は本編に関わるので終わります……!

瀬名って名前は語感です。なんとなく好きなんです、中性っぽい名前。本作の瀬名は全然中性的じゃないのですが。(女性の応募も可能とはなっています。)

で、有峰ってのは、無しより有りがいいってことで有という字を採用しました。峰は有に似合う漢字を、そして英文字に困らないものをって思った時に峰が浮かんできて有峰にしようと。
瀬名が仁のことをゴミと呼んでて、本当はゴミとかけたあだ名みたいなのをつけたかったけど、ゴミネってアクセント行方不明だしゴリミネだと意味合い変わってくるからゴミとだけ呼ばせることにしました。

仁は呼びやすくて馴染みやすいものがいい、ということで仁にしました。

どの家族の名前も、なんだかんだ関連付けたり意味をもたせています。

ちなみに仁の母は葉月で姉は蘭というのですが、植物関連にしています。父の孝二の二、から仁を浮かべたという後付の理由もあります。(笑)

ここから下は○○だとしたらキャラクターはどんな反応をするか、という小ネタ的なものです。




▼相手と話すとき

仁:仲良しだったらしっかり目を見る。普通だったら顔を見る。

麗子:瀬名や仁、家族などは目を見る。客人などは首元あたり。

瀬名:麗子だったらしっかり目を見る。
仁だったら顔は見るが彼を見る表情は冷たい。
客人は失礼に当たらないように目元や鼻あたりを見る。
ゴミクズ以下は話さないし話すことになっても顔も見ず視界から消す。



▼誕生日について
仁:設定ないです  春〜夏っぽい
麗子:設定ないです 夏っぽい
瀬名:設定ないです 冬っぽい


▼大人っぽさ
有←           →無
  瀬名>>麗子>>>>仁

仁の精神年齢は小学生。小学生なりに一生懸命。

▼好きな人できたら
仁:積極的に話す
麗子:好きって何?
瀬名:そもそも人を好きにならない



▼歌について
仁:平均レベル
麗子:メゾ〜ソプラノで何でも歌いこなす
瀬名:歌わない



▼告白されたら
仁:まず告白されない
麗子:困惑した後丁重に断る
瀬名:断る(麗子様命)



▼本は読む?
仁:余程じゃない限り読まない
麗子:フィクションものばかり読む
瀬名:学校の図書室や大神家所蔵の書物は全て読んだほど読書家

とまぁ、こんなキャラクターたちが「嘘吐きオオカミ」に登場します。




▼募集条件について
20歳以上にするか、18歳以上にするか、とても悩みました。というのも、以前募集案件があった際に色々ございまして……その時は年齢下限をつけていなかったせいだと思うのですが。なので、とりあえず18歳以上にしたい、と思いました。


でも、今回薄謝ではありますが謝礼があります(相場より安めなのではないかと思います)。その謝礼を支払うのに必要なのは口座となるわけですが、口座を持つのはおそらく一般的に大学生以上だと思うので、18歳以上ただし高校生不可、という最低ラインは決めておりました。

ただ、ネットである以上、18歳以上ではあっても高校生かどうかは分かりませんし、後々面倒なことになっても困りますので、何かあっても大丈夫なように20歳以上ということにさせていただきました。間を取って19歳以上も考えたのですがそれなら20歳以上でも一緒なのでは、ということで。

とはいえ、ギャラだとは思っておりません。謝礼の漢字そのまま、感謝の形としてお金という形をとっただけです。もし都内住みならご飯にスタッフさんたちをお連れしたりするのですができませんし、打ち上げも全員が参加できるわけでもなく、苦手な方もいると思います。そういったことから、基本的には現金で場合によっては他の形で金額分の謝礼を支払いたいと思っております。

完成シナリオのテスト読み(時間計測)のために読んでいる時点で、かなり疲れてしまいまして(笑)これをキャストさんに完成品のみでやっていただくのは私が心苦しいということで、今回は謝礼を支払うことに致しました。

文字数が一番多いのは瀬名です。台詞は三行以上が多いかと……。仁、麗子、瀬名で話がすすむため、仁と瀬名に偏りやすくて……。仁と瀬名、台詞数同じくらいなのに瀬名の方が文字数倍ってどういうことってところなのですが……、瀬名に愛を傾けすぎたかも、しれません(苦笑)。

メインキャストを依頼にしなかったのは、報酬の件があったからです。有償の依頼をする勇気が………なくて………。あとやっぱり金額であう方がおらず……募集にしたほうがやりきるという気持ちを持った方が来てくださるのでは、と考え募集にしました。どなたか来てくださることを願いながら、ご応募をお待ちする身となります。



▼さいごに
実は声のイメージというものは決めておりません。声の高さはある程度想定はしているものの、キャスト様によって演技が変わるように声の高さや特徴も変わってくると思うからです。

演技と声の高さで悩んだら、声の高さをとるかもしれません。演技は変えられますが、声の高さは難しいからです。もちろんサンプルボイスが聞ける方はそちらも参考にすることもあります。

と、私は思ってますが他の企画者さんはどうなのでしょう。笑
でも過去には想像とは違ってたけどこの人しかこの役できない! ってなったこともあるので、必ずしもイメージが全てだとは言いません。私自身「イメージ」とやらに敗れたことがことがあるので(苦笑)、イメージという言葉ではなく声の高さ、声質という表現をしています。

シナリオをお見せしていないので注釈がヒントとなるかと思いますが、注釈を見て、作品の世界観を考えたうえで自分なりのキャラクターを演じていただければと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
終わります!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Sudou Mizuha

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。