自分

何を言っても醜態を晒しているだけだったような気がする瞬間とか、脆たげに醸してもなんにもならなかったりする瞬間とか、ただただつまんないとかそんなふうに思って浪費することへの恐さとか、常々焦燥を抱えていることから逃れたくて忘れようとしていることとか、いろんなこと、本当にいろんなことがあるけど、そのどれもがくだらないことで、誰にとって大きい問題かというと自分以外には考えられなくて、だから、一人で生きている、というのはこういうことなんだと思う。なんて、これすら何かを言うことで、まるで醜態を晒しているような気がしてくるけど、誰もわかりはしなくて、同じ瞬間に同じ気持ちでいなければわかり合えない。だから、もう、何を言ったって仕方がないような気がしてしまうから、それこそ仕方なくものを言っているのかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

一片

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。