#1 ホームパーティーを開いたことのない人に起業はできない!?【インターンレポート】


アスノオトのインターンの、そい(noteはこちら)です。

全国のさまざまな地域でのプロジェクトを通じてポスト資本主義社会の具現化を目指す「Next Commons Lab」とともに、あらたに起業に興味がある方向けの学びの場「COMMONS SCHOOL Vol.1」がスタートしました!!

わたしも受講生として参加させていただきつつ、学びの一部を発信していこうと思っております。

「起業」のための学びの場といっても、一緒に起業する仲間がいて、経営のスキルも少しあるような人向けのセミナーのようなものではなく、

「あたらしいしいことをはじめてみたい」「普段と違う環境で学び合いたい」「パラレルキャリアに興味がある」「人生をもっと有意義にしたい」というような人たち向けの「学び合いの場」になっています。


Vol.1 のテーマは「最初の顧客づくりとマインドフルネス」

自分の中にある「何かを産み出したい」という気持ちと、「自分には無理」「踏み出すのがこわい」という気持ちをどうマネジメントするのか。自身の起業家精神を弾ませながら、自分にとって初めての顧客を創造するためのセルフマネジメントについて、5回のシリーズを通して実践しながら学んでいきます。

8月23日のsession1のテーマは、『なんでもいいから、まずは「やる」』

やったことがないことを怖がる前に、まずは「やってみる」を実践する。そのための一歩をみんなで踏み出す時間でした。


起業のレベル分けをしてみる

「なにかあたらしいことをはじめたい!」とは思っていても動き出せない。その原因の多くはこの「レベル分けができていない」ことにあるのではないでしょうか?

これは野球に例えると、「ボールを触ったことがある」と「プロ野球選手になれる」という両極しか見えていないようなもの。

しかし、レベル分けしてみると…

あら不思議。起業までのステップが見えてきて、次にどんなことをすれば前に進めるかが見えてくるではありませんか!(笑)

そして、この図からわかるように、ホームパーティーを開いたことがない人が、お金をもらうイベントを急にやるのは難しいし、イベントをやったことがない人がいきなり起業します!というのは難しい話ですよね。

レベル分けをすることで、自分が今どこにいるのか、自分の「起業レベル」のようなものが確認できるのも重要ですね。

わたしは以前、「学び」のあり方を考えるイベントをやって、友達の友達まで来てくれたことがあるので「レベル3」だなと確認しつつ、お金をもらって人になにかしたことはないなぁ、と気づきました。お金をもらうとなると、「それに見合った価値を提供しよう…!」と試行錯誤が必要になるので、チャレンジしてみたいなと思いました。

「次のステップが見えていなかったら、自己実現が停滞してしまっていたんだなぁ…!」とはっとしました。


やりたいことを明確にするために、やる

ついつい、「まだやりたいことが明確になっていないから」とか「やったことがないからできない」と実践を先延ばしにしてしまいがち。でも、「できるからやる」ではできるようになるまでずっとやらないし、やってみないとやりたいことなのか確かめられないですよね。

そこで、今回COMMONS SCHOOLでは「実践しながら」を大切にしていきます。

その一歩として、「やってみるの種探し」をしました。なんでもいいからとにかく数を出してみよう!ということで、「どんなことで人が喜んでくれるとうれしいか」などの問いを参考に、すぐにできそうなことから、いまは実現が難しい抽象的なことまで、それぞれが書き出しました。

わたしは書き出してみて、「積読を減らす会」とか「生理の日の最高の使い方を考えるワークショップ」など、人が集まるようなことをやりたいんだな、と自分のやりたいことの共通点が見えたのがおもしろかった一方、構想までできているのに実践に移せていないのが露呈しました…。

なんとなくやってみたいと思っていることはあるのに言語化・可視化していないことで忘れてしまうので、「やってみるの種」の書き出しは自己実現に弾みをつけるのにとても有意義でした。

受講生の方の「これわたし絶対できるわ、というようなことしか書いていなくて、できそうなことしかやらなくなっていることに気づいて驚愕した。」というコメントが印象的でした。

つねに自分に対して価値あるハードルを用意できるといいですよねぇ。

その後、次回(9/6)までに行動に移すことを、「やってみるの種」のなかから(よりチャレンジングなことを)選んで発表しました。

発表することで宣言できたり、励まし合ったり助け合ったりできるのが「学びの場」のいいところだなと改めて感じました。


最初の一歩を踏み出してみて、(わたしを含め)受講生にどんな失敗や心境の変化があるのでしょうか…お楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
3

アスノオト

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。