第10回07

2019年6月2日『メルクリウスの恩恵と弊害』

早いもので、2019年も折り返し地点に到達しようとしています。
そろそろツツジの時期も終わる頃かと思っていたのですが、買い物に行く途中で満開のツツジの生け垣を見つけました。
あまりにも見事な枝ぶりだったもので、せっかくだから写真におさめようとしたのですが、ちょっと引くほどびっしり咲いてたために、集合体恐怖症の気がある私としては、どの角度から映してもぞわぞわする絵面で困ってしまいました。
唯一撮れたのがこの写真です。

ツツジと朝顔的な花が仲良く咲いていました。こんなことってあるんですね。

今日はYoutubeで新しい動画を公開しました。

先日書いた金沢旅行の思い出について語り合っています。
旅行記はこちら。

旅行は好きなのですが、現地で見聞きしたことや感じたことを自分の中で消化するのにどうにも時間がかかってしまいます。
長いと数カ月上の空になってしまうこともあり、日常生活のいろいろなことが手につかなくなってしまうのは困りものです。

そういう時期だからなのか、近頃は生き方についてよく考えます。
生き方、というのは少し範囲が広すぎたかもしれません。
経営方針というか、主に占い方面のことです。

ちょっと前に、Twitterで質問箱形式のサービスを利用した簡易鑑定を始めました。

ただ、初めてみたはいいものの、そもそも私に相談する理由がないよな、ということに思い至りました。
だって、既にTwitterで同じ形式のサービスを提供していて、私より実績も経験も豊富な人はたくさんいるのです。
その状況で、昨日今日始めたばかりのぺーぺーを選ぼうとは、普通なら思わないでしょう。

私自身も思うところがあり、現在は簡易鑑定について説明した動画やブログの記事は取り下げています。もちろん、相談したいという方が来てくださったなら真摯に答えますが、今までも来なかったし、これからも来ないだろうなーという気は
ここ数日、これから自分がどうしたいのか、どうなりたいかについて考えてみたのですが、矛盾している部分や混乱している部分もあるので、もう少し考えがまとまってから、今後の方針について改めて表明するつもりです。

そうそう、もうひとつ考えていたことがあるのですが、占い師とは人の悩みに寄り添う職業でありながら、占い師自身は悩みがなかったり、悩むことはあっても相談はしなかったりという人が多いですよね。

自分で占えるから、悩みがあればさっと占って解決してしまうという理由もあるのかもしれません。
あるいは、人の悩みを聞く以前に、自分自身が健全な状態でなければ話にならないので、自ずと不満やストレスを溜め込まない術を身につけたという人もいるでしょう。
独立している人に限っていえば、スケジュールや仕事量は自分の裁量で調整ができて、ビジネス上の人間関係もある程度選定できることから、そもそも悩みの種となり得る要素が少ないとも考えられます。

ただ、個人的には「悩んでいるから相談したい」という気持ちにも、「悩んでいるけど相談したくない」という気持ちにも憶えがあるし、どちらの選択も尊重されるべきと思っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキ、サポートありがとうございます。ご支援いただいたぶんは占いやコラムなどを通して皆様へ還元していけるよう頑張ります。

ありがとうございます!励みになります
5

昭良

占い師兼ライターです。

2019年6月の日記

2019年6月に書いた日記です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。