教室閉鎖のお知らせ

2004年より名古屋でたった2クラス、生徒さんも片手で数えれるくらい。

そんな中始まったアトリエ・ドゥ・シュークルのレッスン。

その後場所を岐阜に移し、2006年からは料理クラスを開講しました。


岐阜でデモンストレーション形式、実習もなければお土産もつかないお菓子教室なんて流行らないし、受講料が¥4000を超えるなんてとんでもない!

って何度言われても聞く耳を持たなかった私。

お菓子や料理を「作ったつもり」で終わらせたくない、レッスン後自宅で自分の力で再現して、そのお菓子や料理で家族や自分の大切な人、そして自分自身も幸せにしてほしい。

だからこその思いで今の形式でのレッスンにこだわりがありました。

そしてレッスンをはじめたもう一つの理由、自分の好きな事でも自立できることを証明したい。よくありがちな・・・裕福なバックボーンがなくても運営できることを自分の手で証明したくて。


どうしてその思いだけで突っ走れたのか、おそらく、1冊の本が私に勇気を与えてくれたから。

学生時代、塾の待ち時間を利用して立ち寄った本屋さんで出会いました。

パラパラと本をめくっていくうちに、未知の世界と数々のお菓子に引き込まれて。

お菓子の持つ潜在力というのでしょうか、その虜になってしまって。

直感で「お菓子で人を幸せにする仕事がしたい」と心に決めたのがちょうど24年前の今頃でした。


数えきれないくらいの苦労と挫折と悔しい思い以上に、数えきれないくらいの周りの支援や励まし、そして数えきれないくらい起きた奇跡のおかげで、2008年自身のアトリエを構え実家から独立。

料理・製菓教室として毎月たくさんの生徒さんに料理やお菓子作りを教える毎日となりました。

自分の夢が叶ったこと、本当に幸運だったと思います。


何もかも順調と思えた矢先、次のステップがみえなくなった自分に気づきました。

暗闇をさまよう期間が長く長く続きました。

気がついたら自分で作ったアトリエにでさえも全力で向き合えなくなっていました。


ある日たまたまフェイスブックのタイムラインに現れたコラムに目が留まって。

そのコラム・・・筆者の方との出会いが私の暗闇に光をさし、もう一度全力で歩く勇気をもらい、歩き始めました。


けれどもどう歩いていいかわからなくなってしまい再びつまづくことに。

・・・もう一人の力じゃ無理なんだと悟った頃、これまた本屋さんで新たな出会いが・・・。

あれよあれよという間にご縁が繋がり、様々な過程を踏んでやっと自分の足で歩けると思った途端、見える世界が今までとがらりと変わりました。


自分が作ったアトリエ・ドゥ・シュークルという「枠」が窮屈になってしまって行く手を阻んでいること。

そして、それを先に手放さないと次の道は開かれない。


ストンと腹落ちして、自分の作った「アトリエ・ドゥ・シュークル」を手放すことを決めました。


******************

2016年をもちまして、アトリエ・ドゥ・シュークルは閉鎖いたします。


今までたくさんの方にお越しくださったこと、またアトリエ・ドゥ・シュークルを支えてくださった方々に心より感謝申し上げます。

実質ほぼ一人で運営してこられたのは、たくさんの方がアトリエを支え、協力してくださったから。

レッスン再開を待っていてくださった生徒の皆様、ご期待に添えれなかったこと本当に申し訳ございません。

そして今まで私を信じて教室に通い続けてくださって本当に本当にありがとうございました!


プライベートで優先することがありますのでそちらに携わった後、年明けには自身の活動を再開いたします。

実はまだ具体的な事は決まっておりません。

料理・お菓子作りにとらわれないで、これから来るご縁を大切に自分がやれることをと思っています。

というと何するの?とご心配の声をいただくのですが大丈夫です!

何度も何度もどん底の経験はしてきましたがなんとかなりましたので。


もちろん料理・お菓子作りの良さを伝える事はライフワークのひとつと思っていますので、どんな形であっても続けていきます。

海外に日本の家庭料理や家庭菓子を配信するとか楽しそうですし!


それと並行してもうひとつライフワークとして関わりたいのが「未来に希望が持てる社会作り」に貢献する事。

私自身一冊の本がきっかけで、いろんなことを諦め希望も光もみえなかった人生が大きく変わりました。

そういったきっかけ作りとか、またその先の・・・歩くうちに希望を阻むものを解消するサービスを開発するとか。

あの時の自分のように自分の人生に希望を持ち前を向いて歩こう!と思える人がひとりでも増えればいいな~と思っています。


もし何か、お役に立てることがあれば遠慮なくお声をかけてくださいね!


最後ですが、アトリエ・ドゥ・シュークルのフェイスブックページ、予約ページ、ホームページは順次閉鎖いたします。

それに伴い連絡先が変わりますのでまた改めてご案内いたします。

ブログ・note・インスタグラムは、この12年でほぼ毎日何かを発信する習慣がついていますし、ゆるりと発信する媒体は必要と思いますので引き続きゆるく更新します。

どうぞまたお付き合いくださいね。


今後も山田由加子個人としてお付き合いくだされば嬉しく思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

2016年11月 アトリエ・ドゥ・シュークル 山田由加子


*****追記*****

アトリエ・ドゥ・シュークルはなくなりますが、

アトリエを通じて出来た縁は、「いいご縁」であれば

これからも形を変えながらも、「いい形で繋がり続けてくれる」と信じています。

なのでまずはこうした形でお知らせをすることにいたしました。

数々の非礼は重々承知しておりますが、ご理解いただけたら嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いいたします。 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Yukako YAMADA

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。