イヌ派の性格,ネコ派の性格

物心ついた時,実家にはイヌ,ネコ,小鳥,金魚といろいろな動物が飼われていました。当時の写真を見ると,動物に囲まれて育っていたことがわかります。

物心ついた後は,イヌとネコを同時に飼うことはあまりなかったのですが,実家にはイヌがいる時期とネコがいる時期が交互にやってきていました。庭に大きな鳥小屋もあって,たくさんのインコがいました。いま実家にいるのは,たくさんの金魚たちです。基本的に私の父は動物を飼うのが好きなのでしょう。

イヌとネコはどちらも長い時間を我々人類と過ごしているのですが,それぞれのイメージはずいぶん違うものになっています。

だいたい,犬は人なつっこく活動的で責任感があるイメージ,ネコは自由勝手で気ままで言うことを聞かないイメージですよね。

イヌ好きな性格とネコ好きな性格

愛犬家のことを英語で“dog person”といい,ネコ好きな人のことを“cat person”と言うのだそうです。「愛犬家」だと「イヌが好きな人」という言い方ですが,“dog person”と言うと「その人とイヌが一体化したイメージ」のような言い方で面白いですね。

その「一体化」が本当に起きるのかということで,イヌが好きな人とネコが好きな人の性格は違うのかを検討した論文があります。

調査に参加したのは,10歳から95歳までの4565人です。これは,インターネット調査プロジェクトに参加した人々でした。

ビッグ・ファイブ・パーソナリティの質問紙への回答と,単純に「イヌ好き」「ネコ好き」「どちらも好き」「どちらも嫌い」で回答した内容を関連づけて分析しています。

論文にはグラフが示されていますので,ぜひ見てもらえればと思います。太い実践がネコ好き,太い破線がイヌ好きの平均値です。横軸は,ビッグ・ファイブ・パーソナリティになっています。
・Extraversion:外向性
・Agreeableness:協調性・調和性
・Conscientiousness:勤勉性・誠実性
・Neuroticism:神経症傾向・情緒不安定性
・Openness:開放性

こちらのマガジンもどうぞ。

まとめると,イヌ好きはネコ好きよりも,外向性,協調性,勤勉性が高く,神経症傾向と開放性が低いという結果でした。

イヌ好きな人はイヌがもっているイメージに近く,ネコ好きな人はネコが持っているイメージに近い,「自分の性格に似たイメージの動物を好む」という結果になっています。

より詳しく読み解く

イヌが好きかネコが好きかという質問だけでは,背後にどのような要因があるのかが明確ではありません。

この続きをみるには

この続き:1,075文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
2018年7月〜12月に公開されたバックナンバー記事181本をすべて読むことができます。ただし,不定期日記は定期購読者限定の記事となっています。

2018年7月〜12月に公表されたバックナンバー記事181本のセットです。noteを始めてから2018年中の記事をすべて読むことができ...

または、記事単体で購入する

イヌ派の性格,ネコ派の性格

Atsushi Oshio

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1

Atsushi Oshio

日々是好日・心理学ノート

【最初の月は無料です】毎日更新予定の有料記事を全て読むことができます。このマガジン購入者を対象に順次,過去の有料記事を読むことができるようにしていく予定ですのでお得です。心理学(特に性格を研究する心理学)の話題や,学問の話,大学の話,考えていること,その他日々のあれこれに関...
1つのマガジンに含まれています