見出し画像

青年は眠たく中年は朝が早い

思春期には眠たくなるものだ,という話もだんだんと世の中に知られるようになってきているようです。どうして中高生の頃はあんなに眠いのか。自分の子どもを見ていても,年齢が上がるとどんどん夜方向に睡眠パターンがシフトしていく様子がわかります。

アメリカ小児科学会は,思春期には「23時前に寝て朝8時前に目覚めるのは難しい」という声明を出したとか。中学生高校生には嬉しい提言かもしれませんが,授業時間を後ろにスライドさせると夜寝る時間がさらにそれに合わせてスライドしていかないか心配です。

また親にとってみれば,あんなに毎日,8時半には寝ていたのに……(いつのまにか大きくなって生意気に夜長々と起きちゃって)……と,子どもはいつまでも小さい子のイメージのを引きずるものなのかもしれません。夜寝るのが遅くなった子どもの姿を見るときには,成長を喜ぶべきなのでしょうか。

心理学ワールド第84号の記事の中で平石先生が「夜型スライドは思春期の特徴で,大人になるとそれなりに戻る」ということや,授業が「最近は1限」ばかりになっていることを書かれていました。

同じようなことは私自身も思ったことがあります。30代の頃はぜったいに「1限の授業なんかやりたくない!学生だってイヤでしょう」と思っていたのに,40代になったいまは「1限からやるのもいいんじゃないですか」と意識が変わっているのを実感します。面白いなと思いますが,学生にとって年長の教員はこうやって互いの認識が乖離して,面倒な存在になっていくものなのかもしれません。

ああ,でも,自分の場合は小中学生の子どもたちが家にいる,というのも大きいかもしれません。何時に寝ても,6時とか6時半には強制的に起こされるのですから。夜中に執筆していようが仕事メールの返事を出していようが関係ありません(皆が寝たあとじゃないとと静かに仕事ができないことも)。それで睡眠時間がだんだんとひどいことに……。

睡眠と心理的な特徴を検討した研究は,昔からよく行われています。たとえばドイツの研究者たちの研究で,ビッグ・ファイブ・パーソナリティと睡眠パターンの研究があります(Chronotype, Sleep Behavior, and the Big Five Personality Factors)。

https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/2158244017728321

この続きをみるには

この続き:880文字
記事を購入する

青年は眠たく中年は朝が早い

Atsushi Oshio

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Muchas gracias!
5

Atsushi Oshio

小塩真司。早稲田大学文学学術院教授。専門はパーソナリティ心理学。性格の構造,発達,適応に関心があります。 研究室:http://www.f.waseda.jp/oshio.at/index.html Twitter: https://twitter.com/oshio_at

日々是好日・心理学ノート

【最初の月は無料です】毎日更新予定の有料記事を全て読むことができます。このマガジン購入者を対象に順次,過去の有料記事を読むことができるようにしていく予定ですのでさらにお得です。心理学(特に性格を研究する心理学)の話題や,学問の話,大学の話,考えていること,その他日々のあれこ...