見出し画像

”パサパサ”は褒め言葉。ジャスミンライスに恋をした

美味しいお米を生産している日本で、あまり大きな声では言えませんが、最近の私は専ら日本米よりもジャスミンライスに恋してます。

パサパサで独特の香ばしさ、スパイシーな料理の味を引き立ててくれるジャスミンライスは、一度食べ始めるとエンドレスに胃袋に入れられそうです。

このジャスミンライス愛は、私だけではないはず。

私は幼い頃から鶏肉はもも肉よりも胸肉が好きですし、クッキーよりもビスケット派。基本的にパサパサものが好きな嗜好性ではありますが、ジャスミンライスもだいぶ日本で市民権をえてきたなと思ってきたり。

現代のエスニック料理のエース伝道師、無印良品では2018年7月にレンチンで食べられるジャスミン米を発売。無印のネットスーパーのコメント欄には「大量買いしました!」「カレーにはやっぱりこれ」など、カレー好きに高評価なようです。
近年のスパイスカレー(南インドカレー)のブームや、じわじわと人気化しているビリヤニをみても、みんなインディカ米に対して好意的だなと感じます。

並木橋で”ジャスミンライス砲”を受けてきた。

前段が長くなりましたが、ジャスミンライスが食べたくなって今日は並木橋へ行ってきました。カオマンガイ専門店のガイトーンTokyo、パクチー食べ放題で800円。食べログ3.5以上の優良店。
目印は吊るされた鶏のオブジェとピンクカラー。とても可愛いお店です。

パサパサのジャスミンライスに、しっとりプルンプルンの鶏のコンビネーションが最高。そして待ってましたよパクチー。小動物になったつもりでむしゃむしゃとパクチーを食べ続けました。


ジャスミンライスが上手に炊ける炊飯器があったら、買ってしまうかもな。とか思ってしまった火曜日でした。

それでは、またー。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

渥美まいこです。 いただいたサポートは、食トレンド調査に大切に使わせていただきます。感謝…。

うれしかー!ありがとうございます!
29

渥美まいこ/食トレンド研究

フードプロデューサー/家庭料理ジャーナリスト 1986年生まれ。食トレンドをマーケティング、社会学、心理学あたりから観察して提案する楽しい仕事をしています。 ベトナム料理が大好きです。

日常茶飯メモ

フードに関する”日常茶飯事”な出来事の記録。
3つ のマガジンに含まれています

コメント6件

はい!よくカレーを食べるのでバスマティライスを湯取り法で炊いています!7~8分茹でて、湯を捨て10分ほど蒸すだけで、パラパラ美味しいです!初めて知ったときは衝撃でしたΣ(゚ω゚)笑
日本米の感覚でいたので、衝撃かつ、より好きになりました。笑
さっそく米をポチッとして、湯取り体験します!ありがとうございます!
こうしてジャスミンライスが市民権を得てきているのは、日本における食の多様性が育ってきている証拠ですね。喜ばしいことです。

記録的冷夏で深刻なコメ不足に襲われた1993年(平成5年)。政府は、諸外国からコメを大量に輸入。しかし、とりわけタイ米は、「ジャポニカ米と違う」という理由で、粗悪品のレッテルが貼られ、日本の消費者から忌避されました。あのときに日本人は、ちゃんとした調理法を勉強すべきだったと反省しています。

自らの不勉強を棚に上げ、好意を寄せてくれた人に文句を言う――せっかくコメを供給してくれたタイにもまったく失礼な、恥じるべき平成の出来事だと思っています。
ごめんなさい!コメント遅くなりました。。そうですね、幼い心ながらタイ米がやってきたこと、しっかり覚えています。そしてその時、意外に旨いなと思ったことも記憶しています。でも家族のみんなはあーだこーだ言っていたな。。食文化を認め合う社会をもっと目指していきたいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。