mumasaka

はいどうも。 「六道を真逆に落ちるはあっという間」 六馬坂厚人と申します。 よろしくどうぞ。 今Twitter(@mumasaka)で「StirRed」という物語を定期的につぶやいて、noteにまとめています。
  • Twitterでつぶやき続けた、物語をまとめたものです。 StirRed 5で、この物語は完結しています。

HiDead 1

「死」ってなんなんだろう?  わたしは、読みかけのマンガを閉じて少し考えてしまう。  もう動けなくなること?息ができないこと?  なんだか、近いけど「死」とはまる...

StirRed 5

アスファルトに投げ出されたライを、同じように這いつくばった私とカイが、助けようと立ち上がり駆け寄る。  その私達とライとの間になにかが割って入る。  真っ黒で、馬...

StirRed 4

アレが追いかけてくるなか、私たちは三階建ての小さなビルへ近付く。  一階はまるまる車庫になっていて、壁の一面が開けている。  敷地内に丁度いいバケツが転がっていた...

StirRed 3

コンビニのガラス越しに、車道に突っ立っていたソレは、今まで見てきたなにものにも例えられないシルエットをしていた。  その背はビルの二階にとどいていたのではないだ...

stirRed 2

カシュンカシュンカシュン!  突然、機械的な音が響く。  私とカイは身構えて周囲を見渡す。  公園の入り口にバイクに股がったヘルメットをかぶった人影。ワイン色、アシンメに斜め...

StirRed 1

「世界、終わってんな」  と、背後から唐突に声をかけられた。どちらかというと、声をかけたというより独り言に近いニュアンスだったかもしれない。  この辺りでは一番高...