【ケーススタディ】「自分のこと、きらいになっちゃいそう。。」と子どもが言ったら。

朝、いつもより遅く起きた小1の娘。
さっそく寝起きから不機嫌。

母は寄り添い、着替えを手伝おうとするが、
「自分でする!」と身体を固くして拒む娘。
朝支度に忙しい母はすぐに手放し台所へ。

娘は着替えが進むどころが、動きが止まってる。
髪の毛を結ぶのは母なので、結んでんであげていたら、、、

娘「自分のこと、きらいになっちゃいそう。。」

母「そっか、きらいになっちゃいそうか。」
母「起きられなかったから?」
娘「・・・うん。。」
母「そっか、きらいになっちゃうかぁ。。。」
娘「・・・うん、きらい。」
母「起きられなかったから?」
娘「・・・うん。。」

娘に名札を付けるのも母の仕事。
そこでうっかり、名札が安全ピンから外れたままで娘の左胸につけてしまった。
安全ピンだけくっついた胸元。

母「ママ、失敗しちゃったぁ。自分のこと、きらいになっちゃいそう。。。」
娘「ぷぷぷ。名札ない~~」

少し機嫌がよくなった娘。
着替え終わり、朝食も食べた。

娘「ママ、自分のこと、きらいじゃない?」
母「んーー、そうね。きらいじゃないよ。あなたは自分のこときらい?」
娘「んーー、きらいじゃない!」

登校前の玄関。
我が家には玄関に鏡がある。

母「見て、鏡。かわいいでしょ?鏡の中の自分に、きらい、って言える?」
娘「かわいい。いえないーー」
母「ね。大好きでしょ~?」
娘「ん。大すき!行ってきます!」

朝のあわただしい30分間の出来事。成功。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

福岡県大野城市で活動するママ応援団体「ままいる」が運営するコワーキングスペース「ままいるーむ(https://mamairoom-web.mamaile.info/)」にて、無料でカウンセリングを実施しています。サポートは、ままいるとままいるーむの運営費とさせていただきます。

嬉しいです。
4

【ケーススタディ】子育て

「子育て」への関わり方で、職業キャリアに通用する「育自」へと変容します。大切な、大切な時間。苦しみ、喜び、泣き、笑い、試行錯誤しながら、子どもと一緒に成長を感じたことを綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。