竹内あいV削除について

竹内あいは06年hmpデビューで、07年ムーディーズに移籍した女優だが、何よりも深く記憶されるのは竹内出演のhmp作『巨乳若奥さま 〜』(06年10月)がモザイク不十分として08年3月、審査団体のビデ倫から逮捕者をだした事件である。

これにより、ビデ倫は壊滅、セルAVあるいはDMMの一人勝ちが明確となった。なお、竹内の問題のhmp作は当然のことながら発禁処分となった。竹内はAV史において太字で記されるはずの重要女優である。

さて、ムーディーズ移籍後長期専属として11年まで女優を続けた竹内だが、10月末~つい先日までにVがDMM(FANZA)、アマゾンから全削除された。中古販売大手の駿河屋等からも削除されたとの情報もある。

竹内あいのV削除はAV人権倫理機構経由のものか否かは定かではない。しかしながら、このV削除は、かつてhmp・ビデ倫が破滅したように、今度はAV業界全体が破滅するのではないかと予感させるものがある。

今後も有名女優のV削除は続くだろう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも閲覧いただきありがとうございます。当ブログでは情報提供をお待ちしております。kaze46267@gmail.com まで、どんなことでも構わないので、教えて頂けますと幸いです。非道な犯罪AV業界人を許さない!皆さんも一緒に声をあげてください!

3

KAZE

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。