awano

五七五七七で季語はいりません

直列と並列

歌会に出て、自分がしゃべったあとにしゃべってるひとの発言に、「うわ、乗っかられた」とおもうことがある。

ひとりめ以外の発言者は、多かれ少なかれ前評から相対的に発言することになるのは仕方ないけれど、前評を「所与のもの」として扱い、まるでそれがゼロ地点かのような話し方になってしまったとき、そうおもってしまう。

これはいわば、直列的な歌の読み方で、これがつづくと前から後ろへ、批評をぽんぽんとつないで

もっとみる

「祈る俳句」というイベントで考えたこと

2018/3/20の火曜日に、「祈る俳句」というイベントを聴きにいった。

https://inoruhaiku.blogspot.jp/

詳細は上のリンクを見ていただければわかるが、俳人の上田信治と北大路翼の対談イベント。ぼくは上田さんの俳句を読んで、ひそかにファンだったので聴きにいった。歌人は少なくて、アウェーなかんじだった。

会場は梅田のPumpkin Rocksという、二次会場のような

もっとみる

24歳の振り返り

この一年も色々でしたね~。振り返りますか。

・漫画

『ルポルタージュ』(売野機子,バーズコミックス)

恋愛結婚が珍しくなった世界のお話。「非・恋愛コミューン」を過ごす若者たちのシェアハウスがテロリストに襲われ、主人公の聖さんがその被害者のルポルタージュをつくるために取材をすすめていきます。なんだろうな。主人公のミステリアスで、でもすぐに壊れてしまいそうな感じに釘づけになってしまうところがある

もっとみる

ロックンロールを聴きながらつくった歌

24、5、6くだらなく過ぎていく齢(よわい)も都市の光なのかな

風邪かもな 風邪じゃなかったらいいけどな ルルには糖衣がついててえらい

脳みそが飛び出るほどのシンガロングいいんだ濁ってもその声で

ギターを持ってきみが静かに歌いだす 光のなかを駆け抜ける馬

会っててもきみに会いたい 会ってても手を握ってもそこにはいない

秋は好き 舗道を走るもこもこのフリースのこどもとすれちがう

新幹線は

もっとみる

MCバトル/HIPHOPと短歌

ISSUGI(イスギ)というラッパーが好きで、よく聴いている。

この曲はたまにYoutubeで聴くぐらいだけど、めちゃくちゃかっこいい。BUDAMUNK(ブダモンク)の絶妙なノリのトラックもいいし、後半入ってくる5lack(スラック)のフロウもかっこいい。

何言っててもフロウとトラックが格好いいので音楽として聴けるというのはすごい。

で、このISSUGIはフリースタイルのMCバトルにも出てる

もっとみる