未来を変えるために必要なたった1つのこと

ふだん生活していて、

「自分一人だけががんばっても

変えられることなんて知れてるよ」

って思ってしまうことって

あるんじゃないでしょうか。



ぼくは過去、

何1000人も同じ建物にいる

役所で働いていても

そう思っていた時もありました。



でも、フリーランスとして

「個人」として

活動している今、

その価値観は逆転しています。



「個人の力」が

集まった時、

必ず大きなことができる」と

信じています。



実は、昨日の夜から

ものすごく驚き、感動しています。

それはなぜかというと…




昨日の夜、下の記事をFacebookに投稿しました。

就職前の学生にも参加してもらいたい

あるイベントを企画しているのですが、

学生からの参加はゼロ。。。



さすがにもうどうしようもなく

Facebookに記事を投稿したところ、



シェアしてくれる人が次々と

現れてくれました。



朝起きたらすごい数の通知でした。

本当にありがたい。

ビックリしました。



そして、今朝早くからも

友人のまさみんとぬまっちさんが

状況を聞いてきてくれました。


そして、

「イベント会場の奈良の

近隣の大学ってどこ?」という

質問に答えたところ


まさみんが友人のみなさんに

尋ねてくれました。


すると、次々と

協力してくれる方が続出!




ぼくも同じように

みんなに聞いてみようと思い、

次のような投稿をしました。

すると、みんなが

次々とリアクションとコメントを

返してくれました。



そして、この記事を見て

シェアしてくれる方も

次々と現れてくれました。



これだけ思いに共感して

いただけて本当に嬉しいです。



ぼくがやろうとしているのは

このイベントです。


「公務員は定年まで働ける?」

「その仕事内容は?」

「どんな業界?」

という疑問を持っている人や、



「自分のやりたいことがわからない」

「好きなことがわからない」

「自分に自信がない」


というふうに悩んでいる人の

問題を解決するためのトークイベント

「公務員解体新書」です。


このイベントを開催するのは

明後日の1月26日の土曜日で

時間は、14時から16時45分です。


【トークテーマ】
・公務員の仕事内容と業界のこと

・元公務員から見た公務員の良いところヘンなところ

・これからの時代が求める公務員像とそのために必要なスキル

・自分を急成長させるための自己理解ワーク


司会は

王寺町役場職員の村田くん。



登壇者は、

奈良の現役公務員の高松明弘さん。

彼は元数学教員で、奈良をもっとおもしろくするプロジェクト「編集奈良」の代表としても活動しています。



彼らと元公務員であるぼくが、

これから公務員に

なろうとしている学生や、


これから人生をどう進んでいけばいいのか

わからずに悩んでいる人に

伝えられること、

伝えたいことがあります。




現役公務員だけではなくて、

元公務員だけでもなくて、

いろんな視点から

この安定していると言われている

仕事の本当の話を具体的に

知ってもらって、



世の中にはもう絶対的に安定している

仕事なんてもうないということを

知ってもらいたいんですね。



これから人口が減っていくよ?

まちが安定していないと

公務員の生活も安定しないんだよって。



公務員でもこんな状態です。



民間企業にしても定年まで

働けることが約束されている

企業なんてありません。


もう組織の看板に

寄りかかっていれば

生活が保証される時代は

終わっています。



これからは、組織で働くにしても

個人で働くにしても、

自分の看板で勝負していかなければいけない。



本当の話を伝えていきたいんです。



この趣旨に賛同して

シェアしてくれたみなさん

ありがとうございます。



とても嬉しいです。



▼イベントページは下のリンク先です▼



もし、内容を見て

「これ、あの子に進めてみよう」と

思ってもらえたら勧めていただけると

嬉しいです。



一人ひとりの力が合わされば、

未来はきっと変えられると思いました。

ありがとうございます。



当日は全力でやります。

参加をお待ちしています。



2/9にも土曜日でこの「公務員解体新書」を京都でおこないます。



現役・元公務員の

この4人が揃うのは

本当にレアです。



日程が合う方は

チェックしてください。



これからもこのイベントを

続けていって、



「安定しているから」



以外の理由で

公務員を目指してもらえるように

活動していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読書を購入したり活動経費とさせていただき、その経験を記事でリターンします😁

よければシェアもお願いします。
15

HARU

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。