見出し画像

鬼の居ぬ間にU.S.A

カーモンベイビーアメリカ
どっちかの美女はオトコっ!

最近私の中で流行っているDA PUMPのU.S.Aという曲である。
まだ多くの日本人は知らないと思うのだが、
イノベーターであるミスターセンクスが発見したネタは必ず流行るので、
時代を先取りしたい人はぜひチェックしてほしいのだ。

さらにすごいことに、ミスターセンクスはこの曲の元ネタを見つけた。
実はこの曲はカバーだったのだ。
ちゃんと許可を取っているので、パクリではない。

イタリア人歌手Joe Yellowの曲で、
1992年にイタリアのディスコマジック・レコードのレーベル、
ユーロビート・レコーズ (Eurobeat Records) から発売された。

なぬ?
ユ・ユ・ユーエスエーではなく、ユ・ユ・ユーロですと?
歌手までイタリア人とはこれまたマイルーである。

つまりこれはなんだ。アレだ。
U.S.Aと歌いまくっているのはイタリアと日本であって、
アメリカの要素が全く排除されているのである。

そんなことあります?笑

トランプ大統領がいない首脳会談で、
トランプの髪型について各国首脳が盛り上がっているようなものだ。

イタリア原曲の歌詞だが、
アメリカを女性にたとえ、性的に誘っている内容だそうだ。
なんというメタファーなのだろう。さすがイタリア人だ。

DA PUMP版の歌詞に関しては、
正直何が言いたいのか私にはわからない。
ただ言えることは、笑える感じのダサさであるということだ。

だいたいそうではないだろうか?
本人不在の場でその人の話題で盛り上がることはよくあることだ。

鬼の居ぬ間に外野で騒いだことが、
この曲の人気につながったのかもしれない。

カルッボナーラ!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

君もセンクスの輪を広げないか?
9

石川明大 -Ishikawa Thanks Akihiro-

ジャイアントキルの力で世界にセンクスの和を広げたい、そう、私の名前はミスターセンクス。

哲学的思考を鍛えてみるという名のただの雑記

思考実験。脳みそで解決できないことを吐き出します。

コメント2件

さすがアーリーアダプターのセンクス氏ですな!
キャズムとクリティカルマスの違いを簡単に説明できる方法を、仕事ほっぽらかして考えている今日この頃ですな!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。