Ayaka@シドニー在住コラムニスト

「今日からなりたい私になる」をテーマにシドニーから情報を発信し続ける30歳ブロガー、コラムニスト。元東京社畜女子。海外生活情報ブログMINTYを運営しながら、noteでは恋愛や生き方を中心に、アラサー女性向けのエッセイを書いています。

オーストラリアのレストランで働いたから気付く、日本の接待・会食文化の異常さよ。

日本の会食や接待文化が苦手だ!というのは、私だけではないと思う。私は今オーストラリアの某日本食レストランでたまに働いているのですが、たまに出張で来ている日本人サラリーマンのお客さんが来ると改めて「なんなんだこれは」と感じるので今日はそれを書いてみようかと。

日本食レストランでも22時に閉まるオーストラリア

大前提として、私が働いているレストランは22時に閉まる。日本では24時間営業の居酒屋や

もっとみる

30歳になる私が2年のワーホリ生活を全部振り返ってみる【バイロンベイ編】

※ブログ「MINTY」と同時掲載

2017年3月25日午前8時30分。当時28歳になったばかりの私はオーストラリアのゴールドコースト空港に降り立った。
ろくに眠れなかった飛行機の中。私は、ずっと夢だったワーキングホリデーをするんだ。今から。
空港スタッフに送迎バス乗り場の場所を聞いた。英語の難しさに、早くも直面した。

ホームステイ先に向かうバスの中、目の前に広がる壮大な景色に感動した。

「私

もっとみる

社畜たちへ注ぐ。現在のオーストラリアライフと当時の東京社畜ライフを比べて分かったこと

「会社から帰れない日々」が当たり前だった私にとって
17時になったらぴったり帰れるシドニーの今のライフスタイルはまるで奇跡。 
17時に「お先に失礼します」と言っても「え、何帰ろうとしてるの?」
なんて、呼び止める人は誰もいない。

今日も17時過ぎのシドニーの帰宅電車に乗りながら私は
東京で帰れなかったあの日々を思い出して、たまに涙が出ることがあります。

オーストラリアシドニーで送る現在の

もっとみる

今日からできる、ステキな彼が勝手に寄ってくるたった1つの方法

「頑張ってるのに、全然彼氏ができない。なんで?」「もうそろそろ、素敵な彼氏が欲しい…」「彼氏を作って幸せになりたい」とお悩みのあなた。
頑張らなくても、今日から勝手にステキな彼が寄ってくる方法があるって知ってました?

彼氏という存在に幸せを押し付けない

こんにちは!こじらせアラサー応援団長のAyakaです。

「彼氏が欲しい」と思うなら、まずして欲しいことがあります。

まずは自分が自分を幸せ

もっとみる