佐藤文香『そんなことよりキスだった』(左右社)のためのプレイリスト23*KANA-BOON「眠れぬ森の君のため」/スピッツ「ホタル」/ゆず「夏色」/THE BEATLES「Please Please Me」 #そんキス

『そんなことよりキスだった』、23話目は「気分自体」。一瞬バンドをやろうとしていた話が出てくるので、今回はそのときやった曲の一部を羅列しました。(なお、実は一番大事な部分がフィクションなのである)

KANA-BOON「眠れぬ森の君のため」。天才かもしれない(天才じゃないかもしれない)恋人に尽くすタイプの人は泣ける曲です。というか、天才かもしれない(天才じゃないかもしれない)側がこれ歌うのは、本当にひどいと思います。

僕がCDを出したら 君はこっそりタワレコに行って
キョロキョロあたりを見渡しながら半べそをかくのさ
特典の缶バッチをこっそりリュックにつけてさ
なんでもないフリをして
                ーKANA-BOON「眠れぬ森の君のため」
                        歌詞は→こちら

とはいえこの具体性は秀逸としか言いようがない。そしてこれを歌っているKANA-BOONのCDは、タワレコに置いてあるという。感慨深いですね(誰目線)。

スピッツ「ホタル」。私が歌うとなぜか一部若干演歌風になる。ソロっぽくなったあとのドラムがじゃかじゃかじゃん!と入るのが大好き。

甘い言葉 耳に溶かして
僕のすべてを汚して欲しい
正しい物はこれじゃなくても
忘れたくない 鮮やかで短い幻
                   ースピッツ「ホタル」
                    歌詞は→こちら


ゆず「夏色」。これはハヤった当時もよく歌った曲。妹とハモりました。「このながいながい」の部分のリズムがうまく理解できず、妹にレクチャーしてもらうも、なかなか歌えなかった。動画は各自ご検索ください。ゆずの話はプレイリスト3参照。


THE BEATLES「Please Please Me」。これも妹とハモりました。香川の方言で「かまわない」のことを「かまん」と言うのですが、「カモンカモ〜ン」のところを「かまんかま〜ん」と思って歌うと笑えます。
しかし動画がないので「Please Please Me」の代わりに、「She Loves You」を貼り付けておきます。


次回は、相対性理論「バーモント・キッス」/キリンジ「雨は毛布のように」です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうござる
2

そんなことよりキスだった

12月刊行の書籍『そんなことよりキスだった』の4篇、お届けします。 笑える。切ない。少しヘン!?下心満載!言葉遊びを少々加えた恋愛小説30景!! メガネで天パー。前向きで目立ちたがりな佐藤さんは、恋しかしてこなかった。 パワフルにあったて砕け、幾重もの恋がめぐる。 1995...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。