佐藤文香『そんなことよりキスだった』(左右社)のためのプレイリスト1*aiko「ジェット」/ pillows「Tokyo Bambi」 #そんキス

『そんなことよりキスだった』、1話目は「花火」。
ということでまずはaiko「花火」を思いつきましたが、それはベタベタなので、aiko「ジェット」。まさにこの曲のスピード感がぴったりの1話です。

ゆっくりしてるともったいないよ ハッハッ!
息が切れてる方が今はいい            ーaiko「ジェット」
                          歌詞は→こちら 

「今は」の挿入がいいですね。息、切れ、今、いい、のiの音も効いてますぜ。

 #そんキス は一応すべてフィクションということではありますが、モデルになった人がいる話も多いので、このnote連載は派生したエッセイというかんじで楽しんでいただければと思います。

私にとって恋人は、私の好きな新しい音楽をおしえてくれる人と、そうじゃない人に分かれます。音楽をおしえてくれる人、大好き。

そのときの恋人は、私が好きそうなアルバムを次々にCDに焼いてくれる人でした。そのなかで、私が一番気に入ったのはpillows。その人が住んでいた麻布十番に通うときいつもpillowsを聴いていたので、麻布十番といえばpillowsという、あまり似合わない組み合わせで、景色を思い出したり音楽を思い出したりしています。

変なポストカード 目の前のキミから届く
何笑ってんだ バンビの目をして       ーpillows「Tokyo Bambi」
                           歌詞は→こちら

ほかに、その人が教えてくれた音楽で思い出に残っているのはこのあたり。

中村一義「メキシコ」
androp 「Boohoo」
THE COLLECTERS「恋することのすべて」

こんなかんじで、次回からはたぶんもっと簡潔に、続きます。
次回は、スピッツ「ロビンソン」/SPEED「White Love」です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうござる
6

そんなことよりキスだった

12月刊行の書籍『そんなことよりキスだった』の4篇、お届けします。 笑える。切ない。少しヘン!?下心満載!言葉遊びを少々加えた恋愛小説30景!! メガネで天パー。前向きで目立ちたがりな佐藤さんは、恋しかしてこなかった。 パワフルにあったて砕け、幾重もの恋がめぐる。 1995...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。