4-2 ちくわの予言

その日の夜、僕は日曜日のデートに向けて、ちくわの助言を借りようと、いつものように穴を覗いた。

そこに映ったのは、地面にゆっくりと倒れこむ伊織だった。
ハっとして、僕はちくわから目を離す。

…なんだ、今のは。

恐る恐る、もう一度覗き込んでみる。しかし今度は、デートの日に財布を無くして慌てふためいている僕の様子が映っていた。
しばらくして、もう一度覗き込んでみても、やはり慌てふためいている僕の様子で、伊織が倒れる映像が流れることはなかった。
 
見間違い?それとも、伊織が見た大災害の予報に何か関係しているんだろうか。
このことを、伊織に報告するべきかどうか僕は悩んだ。伝えるにしてもあまりにも抽象的な映像で、注意を促すにしても何をどういえば不安を煽らずに済むのか、見当が付かなかった。

考えた挙句、僕は黙っていることにした。
彼に関係することなら、すでに伊織も見ているかもしれない。そうであることを願いながら、僕は眠りについた。

翌日、登校するといつもと変わりない伊織の姿があった。僕はホッと、胸を撫で下ろす。
「おはよう、伊織」
「おはよう。…あ」
教室に入ろうとしたところで、伊織がぐいっと、僕の腕を引っ張った。
「なに?」
「あのさ、彼女は元気?」

つづく

#小説
#連載小説
#短編小説
#コメディ
#SF
#青春

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

神田彩子

第13回小説現代長編新人では予選突破。cobalt新人短編賞ではもう一歩(最終手前)まで。 自分のパソコンであっためてた作品も蔵出ししていきます。おもしろいって思ってもらえたら最高。 ご意見、ご感想いただけると嬉しいです。

僕とちくわの不思議な数ヶ月

ちくわを食べたくなるお話です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。