見出し画像

私の仕事:いつも「人の話を聴く」ことで生きている

中村綾子です。

仕事のお題で書いてみようと思った時、いろんな場面の仕事は、たった1つの共通点で繋がっていると感じました。

それは、いつでも、どんな時でも、どこでも、「人の話を聴く」こと。

面白いほどに、そこが繋がっているのです!それが好きで、それが得意。だからカウンセラーって天職だと本気で思っています^^

バレンタインチョコの売り場でも、カワイイ女子の話もおばちゃんの話も。

17歳から23歳まで、カナダに留学していました。その中で、約4ヶ月ほど日本に居た時期があります。その時間を使って、アルバイトに精を出していました。

アルバイトの1つが、バレンタインの催事場です。

とっても可愛い女の子から「男の人って、甘いもの苦手ですよね。でもこれだったら食べやすいなどのチョコレートはありますか?」とキラキラした瞳で相談されて、なんだかこちらまで嬉しくなりながら、オレンジピールのチョコレートがけという商品をオススメした覚えがあります。

こんな素敵な女の子なのだから、あなたの恋が上手くいくといいね!とひそかに応援しながら(笑)。

さらに・・・おばちゃん世代。

当時、生チョコは、「冷蔵庫ではなく暖房のきいていない部屋で保存してください」とお伝えするのがお店のルールでした。

それをおばちゃん世代のお客様にお伝えすると「どこにしよう・・・タンスの中とか?忘れちゃったりして(笑)」「じゃぁ、ご自分で(笑)」。おばちゃん爆笑!

こうしたやり取りはとても楽しかったです!そのおかげかどうか分かりませんが・・売上絶好調!でも、アルバイトなので、多少誉められる以外、時給アップもなく、そのままバイト人でした^^;;

塾のアルバイトでも、小学生から「ヒミツ」を知りました。

塾のアルバイトといっても、講師ではなく、雑用係でした。始業前にプリントを机の上に配布してり、宿題ノートをチェックしたり、電車で帰宅する生徒さんを駅まで送ったり。

この「送り」の仕事は、結構すきでした(笑)。

授業後、一斉に帰る時は大人数ですが、時には授業後に自習したり、保護者の方の都合で、少しだけ時間がズレて帰る、という生徒さんが何人かいました。

生徒さんが「帰る!」と言ったら、すぐにその仕事が発生し、時間がバラバラなので、手の空いているスタッフが付き添う、というやり方でした。

「先生、帰る!」

まわりのスタッフに「行ってきます!」の挨拶をして、小学生とふたりで駅まで歩く道のり。その間、いろーーーんな話を聴かせてくれました。

授業の話・兄弟の話・テレビの話・・・etc.

面白いなぁ~と思いながら「うん、うん、それで!?」と聴いていると、どんどん話してくれる(笑)。普段、あんまりハキハキとしゃべるタイプじゃない子でも、なんだか一生懸命話してくれる姿がかわいくて、ますます「うん、うん」と聴いてしまう私(笑)。

そんな中で、社員の方も知らなかった兄弟情報などを手にいれて、結構重宝されていました。

パン教室でも、パンよりも話を聴いていたい。

*この写真はイメージです。

何度か書いていますが、はじめての自営業であり、前職はパン教室主宰でした。

パン作りに関しては、一応ライセンスは持っているものの、かなりかなり素人同然レベルでした・・・生徒さんには申し訳ないほどです。

でも、1対2または1対1のレッスン。だから、話は濃かったです。

OLさんからは会社の裏話。主婦の方からは、お子様たちの学校話。

そんな中でも、いろんな相談をいただきました。

・留学したい、でも仕事どうしよう。

・実家で上手くいっていない、でも一人暮らしは不安。

・娘が習い事で上手くいかなくて、兄弟でどうしてこんなにちがうの?

・20代で起業するってすごい、自分も会社やめて何かやりたいなぁ・・・

中には「掃除機、どれ買ったらいいですか!?」「電球どこで売っていますか?」という、「ソレ、私に聞く?」という質問もありました(笑)。

いろんな話を聴かせていただていると、パンよりも話!パンはもういいから、ずっと座って話を聴いていたい。本気でそう思うようになりました。

これが、カウンセラー職にもどったきっかけです。

だから、話を聴くが本業になりました!

上記の通り「私の仕事」は、いつもいつも「話を聴く」ことでした。いつのまにか、どんな仕事でも、どんな立場でも。

それが、大好きで、ホントのやりたい仕事だと気づかせてくれました。

だから、「話を聴く」が本業になりました!それが、カウンセラーという仕事です。

もちろん、カウンセラーとして仕事で話を聴いていくのは、シビアな面もあります。話を聴くだけではなく、経営という側面もあります。

でも、人から話を聴かせてもらうことは、私一人では経験できなかった世界を教えてもらうこと、知らない世界を垣間見るチャンス。それが、とても貴重なことだとホントに思っています!

話を聴くを本業にしたい人へ

カウンセラーって、だれでも「カウンセラーです!」と言えば、職業として成り立ってしまいます。

だから、「カウンセラー」という中身はイロイロです。もし、これからカウンセラーを目指して、カウンセラーとして生計を立てていくなら、私は、2つアドバイスとして贈りたいと思います。

・基本的な心理学の勉強をしっかり重ねていくこと

・カウンセリングの中身・想いを、発信し続けて行くこと。

カウンセラーという資格の中には、超・短期間で取れるものや、通信講座だけで取得できてしまうものがあります。でも、カウンセリングで接するのは生身の人間です。だからこそ、そんなカンタンな仕事ではありません。

無駄と思えるような心理学の勉強を、大学でしっかり重ねていってください。心理学の歴史なんて学んでも、現場で役に立たない、という気持ちはきっと沸くと思います。でも、無駄と思える事柄も、ずーっと仕事をやり続ける中で、いつか何かと繋がっていくのです。

さらに・・

カウンセラーは玉石混交だからこそ、あなたのカウンセラーとしての想いをブログなどで発信し続けてください。病院のHPには、ごく簡単な経歴しか記載されていなくて、私が病んでいる時、病院えらびにはとても苦労しました。

だからこそ、カウンセリングを経験する前に、カウンセリングの中身がみえるような発信こそ、「未来のクライアント様」と出会うチャンスであり、「信頼」につながるのです!

・・・

今回のnoteでは、はじめて募集中のテーマ「私の仕事」について書いてみました!これまで書いてきた中で、1番楽しく書けました(笑)!

仕事をしてきたからこそ、次の仕事へ。

女性向けサロン・鍼灸院・教室経営サポートを行います。

快適経営は細部に宿る!

サポート開始は、9月を予定しています。

#私の仕事

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキ、シェア、コメント、全部うれしいです。読んでいただきありがとうございます!

ありがとうございます^^
6

中村綾子

摂食障害専門カウンセラー・女性専用サロン経営アドバイザーです。 ブログ集客により、遠方から長期的に通ってくださるクライアント様と多く出会うことが出来ました。 その経験から女性ならではのエステ・鍼灸院・教室などの経営アドバイザーとして活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。