見出し画像

女性向け鍼灸院で「もったいない」と思う3つのこと

こんにちは。中村綾子です。

鍼灸好き、ということは以前にも書きましたが・・・ピッタリ!という鍼灸には未だ出会えていません。多くの女性向けの鍼灸院で「もったいない」と思うことがたくさんあります。その中から、3つに絞って書いてみます。

1.安売りキャンペーンが頻繁

きっと集客に困っているからでしょうが・・・

・夏限定の●●キャンペーン

・今月末までの●●キャンペーン

・△と△をセットでご提供するキャンペーン・・・etc.

ドキッとしませんか?こうしたキャンペーン、実は今すでに頭の中で、似たようなキャンペーンを考えていたりしませんか?

キャンペーンを頻繁にしていることが、どういうメッセージとして「検討中のお客様」に伝わるか、考えてみて欲しいのです。

最初は、「安くてうれしい!」「今だけなら、行こうかなぁ」と思っていた「検討中のお客様」であっても、頻繁なキャンペーンをみると・・・

・お客さん来ていないのかなぁ?

・セットにしないと、効果ないってこと?

・次のキャンペーンを押し売りされそう・・・etc.

と思うのではないでしょうか?

2. カッピング・アロマテラピー・よもぎ蒸し・・・鍼灸なのか何なのか分からなくなっている

私は、鍼灸ってすばらしい治療法だと思っています。見て(診て)、触れて、感じる。こうした診察の方法や治療の方法は、繊細な日本人、特に女性にはピッタリだと思っています。

そして、鍼灸師さんって、国家資格を持ってお仕事しているわけですよね。

でも・・実際は、「何屋さんなのか分からない鍼灸院」がとても多いように思います。

よくあるのが、

・カッピング

・アロマテラピー

・ヨモギ蒸し

・フットマッサージ・・・etc.

せっかくの国家資格。せっかくの専門性。イロイロ取り入れすぎて、その素晴らしさが、見えなくなってしまっています。

鍼灸師さんなら、「鍼灸だけ!」で、ビジネスをやっていてほしいと思います。その方が、一層信頼を置けると思うのですが。。。

3.医師とは違うから、、、と、自分と鍼灸の価値を引く見積もっている

これも、上記と重なりますが・・鍼灸師である自分と、鍼灸という治療法を、低く低く見積もっていますよね。。。

だから・・・

・「次は、●日後に来てください」とハッキリ言えない

・「合う人・合わない人がいるから」と逃げ腰になってしまう

という状態ではありませんか?

医師とはちがうから・・・と引け目を感じているというお話を、実際、女性鍼灸師さんからお聞きしたことがあります。

けれど、、あなたの鍼灸院に来ている人たちは「医師とはちがう、あなた」「医師とはちがう、鍼灸師さん」を、頼って来ているのです!!

医師とはちがう、病院とはちがう。だから、ちがう良さがある!こちらの記事もどうぞ ↓↓↓

ちがう良さを伝えていくためにも、衛生面なら「鍼の使い捨て」よりも「シーツを毎回交換・洗濯しています!」と伝えていきましょう!

・・・

女性向けサロン・鍼灸院・教室経営サポート

快適経営は細部に宿る!

サポート開始は、9月を予定しています。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキ、シェア、コメント、全部うれしいです。読んでいただきありがとうございます!

ありがとうございます^^
6

中村綾子

摂食障害専門カウンセラー・女性専用サロン経営アドバイザーです。 ブログ集客により、遠方から長期的に通ってくださるクライアント様と多く出会うことが出来ました。 その経験から女性ならではのエステ・鍼灸院・教室などの経営アドバイザーとして活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。