コンプレックスと劣等感が、仕事をつくる!

こんにちは。中村綾子です。

note投稿5記事目。分からないことも多いですが、普段のブログよりずーっとお気楽投稿を続けて、楽しいです(笑)。

コンプレックスと劣等感。

マイナスイメージが強い言葉ですが、、、私にとっては、仕事の原動力です!

私のコンプレックスと劣等感

社会に出たのが遅いこと。

前職を開始したのが、ちょうど28歳から29歳になる頃でした。

それ以前は、病気・無職・アルバイト少々。。。

「ちゃんと働いたこと」が、その年齢で初めてだったのです。

これが、最大のコンプレックス。

そして、劣等感とは、

新卒の就職活動の経験がないから、一般的な感覚がないのかもしれない。企業に勤めたことがないから、「常識」を知らないのかもしれない。長時間の通勤も経験がないから、普通の人の大変さがわからないのかもしれない。。。

といった様々な経験不足による、不安です。

以前のメイクの記事にも書いている通り、20代女子がフツーに経験していることが、自分には抜け落ちているような、そんな感覚です。

コンプレックスも劣等感もムリやり変えない

変えないし、変えられない。

隠そうとしたことは無いけれど、コンプレックスと劣等感を、ずっしり抱いていた時期は、とても長かったです。

でも、開き直り(笑)!

しょーがないじゃん?!みたいな(笑)。

どんなに後悔しても20代女子をやり直すことなんて出来ないし、一般企業に勤めることは向いてないし、闇・病み時期から学んだことは今の仕事に活かされているんだし、

だから、しょーがない(笑)!

そう思えた時、私のコンプレックスと劣等感が、重たいものではなく、「一緒に居続けるモノ」に変わったのです。

コンプレックスと劣等感が、仕事をつくる!

一般的な人より、社会に出たのが遅いから、今の仕事を何よりも大切に、長〜く続けていきたいと思っています。

今の仕事を長く続けるために、ムリなく長く続けていける方法を模索し続けています。

今の仕事が大好きだから、「好き」で居続けられる方法を模索し続けています。

そして、「経験がない」「知らない」ことは沢山あるからこそ、いろんな人・場面が「学びの場」になります。

テレビドラマを見ていても、OLさんの日常とか、名刺交換のやり方とか、電話の取り方とか、じーーーっと観察しています(笑)。これが、経験がないという劣等感からの開き直りです^^

・・・

コンプレックスも、劣等感も、ネガティブイメージが付きまとう言葉ですが、仕事へのエネルギーに変換していけると思っています^^

良くも悪くも、それが自分!そう思えるようになってから、ずいぶん生きやすくなりました^^









この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキ、シェア、コメント、全部うれしいです。読んでいただきありがとうございます!

ありがとうございます^^
3

中村綾子

摂食障害専門カウンセラー・女性専用サロン経営アドバイザーです。 ブログ集客により、遠方から長期的に通ってくださるクライアント様と多く出会うことが出来ました。 その経験から女性ならではのエステ・鍼灸院・教室などの経営アドバイザーとして活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。