美容院は、「美」を語り、ビジネスを教えてもらう時間

こんにちは。中村綾子です。

美容院に行ってきました!すっきり^^

この美容院に通い続けてかなりの年月がたちます。7年くらいになるでしょうか?

最初の担当者さんは女性で、とても気に入っていたのですが、休職されてしまったので、今はオーナーさん(男性)が担当してくださっています。

髪型よりも、話。

これが美容院での過ごし方。

おばさん化する人と、おばさん化しない人の違い。

これ、最近の気になるテーマです。ちょうど美容院に行く時だったので、これはチャンス!と思って、質問攻めに(笑)。

すると・・・

男性目線から、男性を見た時、とちょっとズレていきましたが・・・

・髪の毛の薄さ・ボリュームが無い状態

・体型

という2点が、「年を感じる姿」だそうです。また、ヘンな若作りよりも、健康でいること、健康そうに見えることが「ふけてみえない姿」という言葉も。

では、私が考える「おばさん化する人・しない人」の基準とは・・・

・体型

・髪型

・メイク

・表情

・服装(色とカタチ)・・・etc.

最近、いろんな写真をSNSでみて、同世代から年上の女性たちは、かなり二極化しているなぁと感じています。

「おばさん」に見えるかどうかは、実年齢ではない。

これだけは、上記のオーナーさんとも一致しました!

服装が、なんとなくゆるーーい感じばかりになったり、暗い色ばかりだと、なんとなくふけて見えてしまうような。。

まだまだこれは、いろんな人に意見を聞いてみたいです^^

そして、オーナーさんの名言はこちら↓

美魔女は病気

衝撃を受けた言葉。そして、「その通り!」と思った言葉です。

よく50代と20代の「友達親子」の写真がありますよねー。

一生懸命お手入れして、美を保っているのはスゴイかもしれないですが・・・50代でミニスカートはいたり、20代の娘と服を交換したり。。。

正直「え?」と思うことが、度々あります。

だから、「美魔女は病気」というオーナーさんの言葉は、私の気持ちを代弁してくださったようで、気分がスカッとしました(笑)。

キレイで居続けることと、無理やり若く見せることは違う。

キレイを保つことと、「若い時と同じ」を作ることは違う。

キレイでいることとは、年に逆らうこととも違う。

いろいろ考えさせられます^^

20年来のお客さんという信頼

「美」のトークを繰り広げながら、オーナーさんから色々お話を聞くと、ビジネスの学びにもなっていきます。

私が来店した日、予約の電話が鳴りっぱなしでした!

「みなさん、1番最初に来店される時、どうやって来るんですか?」

と聞いてみると・・・

「以前に勤めていたお店からのお客さんがほとんど」とのことでした。

つまり・・・20年来のお客さんがほとんどだと。スゴイ。。。

新規のお客さんと会って、ゼロから情報を得ていくエネルギーは無いから・・と謙遜されていましたが、「20年の信頼」という言葉が、私の中でリピートしています^^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキ、シェア、コメント、全部うれしいです。読んでいただきありがとうございます!

ありがとうございます^^
2

中村綾子

摂食障害専門カウンセラー・女性専用サロン経営アドバイザーです。 ブログ集客により、遠方から長期的に通ってくださるクライアント様と多く出会うことが出来ました。 その経験から女性ならではのエステ・鍼灸院・教室などの経営アドバイザーとして活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。