苦手だと思ってたけど


祝ご卒業!!!

今日は大学の卒業式があったみたいで。

袴用の髪飾りのオーダーをもらっていた子が、今日は忙しかっただろうに、早速にお礼と写真を送ってくれた。律儀やなぁ。

前にバイトしていた時に一緒だった子で、いつもインスタを見てくれていて、「栫さんのお花が好きだから」と連絡をくれたのでした。

ディズニー大好きで、特にラプンツェルが大大大好きで、そんな感じにしたいと。

こだわりも強そうだったし、メッセでやりとりより、直接あった方がいいなと判断。

久しぶりなのでお茶も兼ねて、先月打ち合わせをした。

前半は思い出話しとかして盛り上がり、後半は本題へ。

たくさん、イメージする画像を見せてくれた。

その画像たちが共通してるような、してないような。笑

本人もそんな感じ。笑

逆にこれは嫌とかNGは?と質問かえながら一緒に絞っていく。

私も掴めてきたなぁ、そして彼女も伝えきったなぁというタイミングが合ったので、お任せにさせてもらった。

掴んだポイントは3つ

・袴だけど、ガッツリ和な感じにはしたくない

・淡い色で何色か入ってるのが好き

・黄色は入れたい


それを持ち帰って、後日提案させてもらったのがこちら。↓

ドンピシャです!!素敵すぎます!」と気に入ってもらった

OK出たので、ヘッドパーツ用に加工して送った。

「周りからもたくさん褒めてもらえて、本当に栫さんに頼んでよかったです!」とのことでした。


打ち合わせの感覚

鹿児島時代は、ずっと婚礼の花仕事だったので、週に何度も新郎新婦さんと打ち合わせをしていた。

楽しくもあるけど、売り上げに直結するので、ちょっとしたプレッシャーもあった。

だけど仕事の半分は打ち合わせだったから、仕事はこういうものっていう感じで思ってた。

でも、関西にきて小売の店で働いて、打ち合わせしないようになって、ふと、「あぁ、、私打ち合わせ本当はすごく苦手で、自覚してなかったけど結構負荷かかってたんだ。」と思ったことがある。

なので、最終的に「打ち合わせは苦手」ってイメージがついてた。

でも、彼女と打ち合わせしながら、懐かしい気持ちと久しぶりの感情があることに気づいた。

大掃除の時に、仕舞っていたことすら忘れていた物が、引き出しの奥から出てきて、大事なもののこと忘れた!って思い出す感じの。

事足らずだったり、話が広がりすぎちゃったり、、、そんな良くない部分は相変わらずで、苦かったけど、それ以上に、高揚感とか、楽しさとか、やりがいを感じた。

具体的な物質がなくても、互いのイメージが共有されていく感覚。

そして、いいものにしたいという思いを共有し、進んでいく一体感。

任される嬉しさ。責任。緊張感。期待を超えて120%を提供したという思いとか。

あぁ、苦手な部分も多かったけど、楽しい部分、好きな部分もたくさんあったなぁと思い出させてもらった。

締めは、今日の彼女からの喜びの言葉をもらっての達成感。


こちらこそ、やらせてもらえて、ありがとうなお仕事でした。

若者の明るい未来に幸あれ!

ayako


【HP】ayakokakoi.com
【mail 】ayakokakoi.flowerdesign@gmail.com
【Instagram】https://www.instagram.com/ayakokakoi_flowerdesign/?hl=ja
ayakokakoi FlowerDesign





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!書いてよかったです!
4

Ayako Kakoi

Diary

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。